90s

棒読み演技の妻夫木聡と竹内結子に批判殺到! フジテレビ版『タイタニック』の黒歴史

棒読み演技の妻夫木聡と竹内結子に批判殺到! フジテレビ版『タイタニック』の黒歴史
スタジオジブリの巨匠・宮崎駿は、自身が監督を務めるアニメーション映画に、声優を積極的に起用しようとはしません。何故かというと理由は単純で、声優の虚飾し過ぎた声、いわゆる「アニメ声」が嫌いなのだとか。
だから彼の作品には、声優ではなく俳優がメインキャストを占める場合が多いのです。その素朴な演技が逆に"味"となっているわけですが、その方法論も洋画の吹き替えには適用できないという事実が、今から15年前に明らかになりました。

映画『タイタニック』の地上波初O.Aはフジテレビ


2001年、あるハリウッド映画の地上波初放送を前に、フジテレビは浮き足立っていました。無理もありません。1997年、全世界で18億3500万ドルという当時の映画史上最高の世界興行収入を叩きだし、日本でも一大ムーブメントを巻き起こした『タイタニック』の放映権を、ライバルの民放各局に先んじて獲得したのですから。

『タイタニック』の公開当時の人気ぶりといったら、それはもう凄まじいものでした。1912年に起きた英国客船タイタニック号沈没事故をモチーフに制作された本作は、レオナルド・ディカプリオ演じる貧しい青年・ジャックと、ケイト・ウィンスレット演じる上流階級の娘・ローズが繰り広げる恋愛悲劇。
冷静に見れば、ロミオとジュリエットの分かりやすい焼き直しであり、よくあるラブロマンスではあるのですが、流行りに流行りました。特にローズが船の先端で手を広げ、後ろからジャックが腰を回すシーンは「タイタニックポーズ」として今もなお、客船の乗客から親しまれ、真似され続けているのはご存知の通りです。...続きを読む

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年9月25日の90s チョベリー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース