90s

長嶋巨人最後の輝き!豪華すぎる「ミレニアム打線」を振り返る【プロ野球世紀末ブルース】

2000年を象徴する、長嶋巨人のミレニアム打線。

「超超超いい感じ〜」とモーニング娘。が『恋愛レボリューション21』を高らかに歌い、ダフトパンクが『One More Time』を鳴り響かせたあの時代。プレイステーション2や初の内蔵型カメラ付き携帯電話が発売され、勢いで2000円札が発行されたりと、世の中にはミレニアムの浮き足立ったお祭りムードが充満していた。

巨人の『ミレニアム打線』


そんな時に誕生したのが、長嶋茂雄が命名した巨人の『ミレニアム打線』というわけだ。ミスターらしい、なんて能天気なネーミングだろうか? とにかく打って打って打ちまくる。チームを4年ぶりのリーグ優勝に導いた当時の強力打線は、今でも野球ファンの間で度々話題に挙がるインパクトがあった。
4番には26歳の松井秀喜が座り、3番は広島からFA移籍してきた江藤智、5番ファーストでは清原和博とマルティネスを併用。さらに6番高橋由伸、7番二岡智宏の驚異の下位打線。ベンチには「クセ者」元木大介もスタンバイ。
この時、攻撃的1・2番コンビを組んでいた仁志敏久と清水隆行は、のちに『ジャイアンツ80年史』という記念本の中で対談して、「2000年前後の打線は文句なく理想的なものだった」と回想。さらに「僕らの時代は間違いなく、ジャイアンツの歴史の中でも最も戦力が充実していた時代」とまで言い切っている。

とにかく派手に打ちまくったミレニアム打線。優勝を決めた9月24日の中日戦(東京ドーム)では4点ビハインドの9回裏、江藤が同点満塁弾をかっ飛ばし、続いて二岡がライトスタンドへサヨナラ弾の劇的V。満面の笑みで出迎える背番号3のミスター。もちろんチーム本塁打203本は両リーグ1位だ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「プレイステーション」に関する記事

「プレイステーション」に関する記事をもっと見る

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク