90s

『ミスター・ルーキー』長嶋一茂は"阪神の救世主"説を検証する【キネマ懺悔】

『ミスター・ルーキー』長嶋一茂は"阪神の救世主"説を検証する【キネマ懺悔】
『ミスター・ルーキー』
主演は中田英寿でも小野伸二でもなく、長嶋一茂。

時は2002年3月。日本中が2カ月後に迫った日韓W杯で盛り上がっていた頃、「長嶋一茂が阪神の救世主になる」という凄まじいコンセプトの映画が公開された。『ミスター・ルーキー』である。
巨人のスーパースター長嶋茂雄の息子が、ライバルチーム阪神のユニフォームを着て投手を演じ、主題歌はウルフルズの『バカだから』という出来すぎた設定。今回は「本当に長嶋一茂は阪神の救世主になれたのか?」を検証してみよう。

覆面ピッチャーの「ミスタールーキー」


最初に断っておくと、「ミスタールーキー」とはカズシゲが劇中で演じる覆面ピッチャーの選手登録名である。大原幸嗣(長嶋一茂)は普段はビール会社に務めるサラリーマン、周囲に正体がバレたらマズいので、タイガーマスク風の虎の覆面を被ってマウンドに立つわけだ。まさにパートタイムピッチャー。甲子園限定の抑え投手として活躍するが、妻の優子(鶴田真由)や1人息子の良にも、その正体はひた隠しにして投げ続ける。

中年男が一度は諦めた夢。高校時代に肩を壊していた大原だったが、30歳を過ぎて草野球をしていた時に謎の中国人整体師に偶然出会い運命が変わった。「治すことそんなに難しくないよ。そして私、ゴッドスペシャルなクスリ持ってる」と怪しげなブツを取り出し、「これ塗ると細胞元気になる。3カ月であなたの肩元通りになる」とよく分からないマッサージと塗り薬で劇的に回復。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月30日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。