90s

衣装もスタイルも完璧だった! サトエリ版『キューティーハニー』を振り返る

衣装もスタイルも完璧だった! サトエリ版『キューティーハニー』を振り返る
サトエリ版『キューティーハニー』(※画像はイメージです)
永井豪原作の人気マンガ『キューティーハニー』が、西内まりや主演で『CUTIE HONEY -TEARS-』と名前を変え再び実写化された。西内の映画初主演作とあって、プロモーションにも力が入れられていたが、公開初週でトップ10入りならず。このままでは、大惨敗となりそうな気配だ。
そもそも、キューティーハニーと言えば、主題歌にもあるように「プクッとボインの女の子」であることが大前提。胸元が大胆に空いた衣装が肝だ。なのに、今作では西内まりやの控えめなバストをむしろ包み隠すかのような衣装。「コレジャナイ感」がハンパない。

やはり実写のキューティーハニーと言えば、佐藤江梨子に尽きる。2004年のサトエリ版『キューティーハニー』は、ストーリーや内容はともかく、ハニーの再現度だけは文句なしだったのだから……。

2004年は「アニメ実写映画」が花盛り!?


2004年は、アニメ・マンガ原作の実写映画が花盛りの1年だった。4月『キャシャーン』、5月『キューティーハニー』、8月『NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE』、10月『デビルマン』と、続々と公開されたがはっきり言って迷作ばかり。

宇多田ヒカルの当時の旦那、紀里谷和明が監督を務め、「宇多田ヒカルが歌う曲のプロモーション映像に過ぎない」と言われる始末の『キャシャーン』。主演の棒演技を始め、辻褄が合わない上に超スピードなストーリー展開で、「ポスター以外すべてダメ」の烙印を押された『デビルマン』。一応、香取慎吾主演の『忍者ハットリくん』は、興行成績も上々ではあったが……。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「衣装もスタイルも完璧だった! サトエリ版『キューティーハニー』を振り返る」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    勝利の為に他人を潰して盗作して、のしあがった創価関係者と持ち上げる仲間たちがつくる作品だからしょうがないのでは?何故批判する? 持ち上げてあげなよ それとも、これも話題づきり?

    2
  • 匿名さん 通報

    あほ?

    2
  • 匿名さん 通報

    煽るなら、せめて誤字るなって。

    1
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月13日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。