s90

高岡早紀の波瀾万丈な恋愛遍歴…「相手が100%嫌いでも好きにさせる」と豪語!

高岡早紀の波瀾万丈な恋愛遍歴…「相手が100%嫌いでも好きにさせる」と豪語!
恋多き高岡早紀(※画像はイメージです)
今では妖艶な"美魔女"といわれる女優の代名詞・高岡早紀。先頃は、女性人気も高い俳優・松坂桃李との密会の噂も出たばかりの"恋多き女"としても名高いが、やはりその人生は様々な「恋愛」のエピソードに満ちている。
そんな魔性の女ともいえる高岡早紀の恋愛遍歴はどれほどのものなのだろうか?

『セブンティーン』でデビューした高岡早紀


高岡早紀としての芸能活動デビューは、意外にも10代の頃、雑誌『セブンティーン』でのモデル活動だった。その後、クラシックバレエでの経験をいかし、しなやかな肢体をみせてCMにも起用されるなど、デビュー当時から他の者にはない異質の妖艶さを魅せていた。
女優業へと活動を広げていた高岡早紀は、映画「バタアシ金魚」で脚光を浴び、さらに20代になると1994年の映画「忠臣蔵外伝四谷怪談」で惜しみないヌードを初披露。その翌年には篠山紀信の撮影による写真集で、若くしてヘアヌード姿も披露している。

高岡早紀の恋愛遍歴


そんな芸能活動と合わせ、次第に女としての磨きがかかるにつれて、数多くの相手と恋愛遍歴を重ねてゆく。そんな経験すらも、自身では「相手が100%嫌いでも好きにさせる」と豪語していたほど。女優として女として、自分の魔性の魅力を自分自身でよくわかっていたのかもしれない。

過去の恋愛相手として噂で知られただけでも、唯一の結婚相手である元夫・保阪尚希、その保坂との離婚の原因となったとされる布袋寅泰。独身時代の歌舞伎界のスターだった中村獅童、元プロ野球選手・木田優夫、若手俳優で活躍中だった勝地涼、実力派俳優の松尾スズキや人気俳優・堤真一。そして今や妻を支えるいい夫の代名詞ともなっている市川海老蔵までも。もちろん市川海老蔵が小林真央と結婚する以前の話だ。

あわせて読みたい

「高岡早紀の波瀾万丈な恋愛遍歴…「相手が100%嫌いでも好きにさせる」と豪語!」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    「相手が100%嫌いでも好きにさせる」ないない、貧乳好きだからタイプじゃない。 胸だけで頭が空っぽの代表で枕やってるよ、一般人なら美人だが芸能人では若いときは良くても現在は厳しい。

    26
  • 匿名さん 通報

    つけあがるな。火遊び女、アホ、カス人間。

    19
  • 匿名さん 通報

    芸能界の木嶋かよ、枕で鍛えた性の奥義でもあるんじゃね。

    10
  • 匿名さん 通報

    いいじゃない。モチベーション高いってそれだけでも前向きだと思うわぁ!

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース