s90

大竹まことが過去に起こした死亡事故 復帰の裏にビートたけしの助言

事故のあった夕方には病院を訪れ、被害者の家族に侘びを入れた後は、自宅に引きこもりっぱなし。2日間全くの飲まず食わずで、しばらくは当時のことを思い出すだけで涙が出る状態だったといいうのだから、そのショックの大きさは、推して知るべしというものでしょう。

「涙を流してはいけない」ビートたけしの助言


そんな精神的ダメージを抱え、レギュラー番組への出演も自粛していた大竹でしたが、被害者の両親から「早く仕事に戻ってください」との連絡が入ります。彼の事故後の誠意ある対応や配慮が、遺族の心を動かしたのです。「(男女)どちらのご両親からも立派な言葉を掛けてもらいました」と、報道陣の囲み取材に応じ、目を真っ赤に充血させながら述べた大竹。

けれども、彼は決してカメラの前で涙をこぼしませんでした。その裏には、ビートたけしからのこんな助言があったといいます。
「芸能人は絶対に謝罪で涙を流したり、感情を露にするなど“素”を観衆に見せてはいけない。次に何を演じても客が引いてしまう」。フライデー襲撃事件における謝罪会見の際、レポーターからの厳しい質問攻めにも、冷静かつ論理的な受け答えで捌いてみせた、彼の経験則に基づく哲学といえるでしょう。
このアドバイスを体現し、大竹は見事、公衆の面前では“素”を出さなかったのです。豪気で鳴らす男の心根にある誠実さ、そしてタレントしての神髄を見た出来事でした。
(こじへい)

※イメージ画像はamazonより完全版 こんな料理で男はまいる。 100レシピ (カドカワ・ミニッツブック)

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る
「大竹まことが過去に起こした死亡事故 復帰の裏にビートたけしの助言」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    蒸し返すのやめろ

    16
  • 匿名さん 通報

    遺族が立派な人だな。この前の某芸人の件で悪態ついてばかりの奴はヒトじゃなかったな。

    14
  • タクシードライバー 通報

    出会い頭の場合、こちらが車なら、相手が信号無視でも、歩行者なら9割、自転車なら7割、二輪車なら5割の過失となる筈。過失が0なんてあり得ない。もっと理不尽な状況で起訴された仲間が沢山いる。何故?

    13
  • ** 通報

    大竹まことが藤井さんを「誰かシメてやれ!」って殺人教唆なの??でも14歳の中学生が一生懸命頑張ってるのに68歳ものいい年した人が何をあおってるんだろ??

    4
  • 匿名さん 通報

    蛭子能収が、大竹まことを目の前にし「人殺しのクセに」とボソッと言ったことがあるらしい…。

    4
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース