90s

NHKドキュメンタリーに批判殺到…大問題になった『奇跡の詩人』とは?

2014年、ゴーストライター騒動で世間を騒がせた佐村河内守。そのドキュメンタリー映画『FAKE』が公開され、今年、ちょっとした話題になったのは記憶に新しいところです。監督を務めたのは森達也。ドキュメンタリー映画監督として知られる人物であり、筆者は大学時代、彼の講義を受講したことがあります。

授業のスタイルは、国内外で制作されたドキュメンタリー作品を教室のスクリーンで受講者に視聴させ、森氏がその作品について論評するというもの。マクドナルドのメニューを1日3食・30日間食べ続けるアメリカ映画『スーパーサイズ・ミー』をはじめ、様々な作品を見せてくれましたが、その中の一つが、本稿で紹介する『奇跡の詩人』でした。

NHKで放送された“奇跡の詩人”


2002年4月28日にNHKの『NHKスペシャル』で放送されたドキュメンタリー番組である『奇跡の詩人 ~11歳 脳障害児のメッセージ~』。本作がスポットライトをあてたのは、生後まもなくから重度の脳・身体障害を持つ11歳の少年・日木流奈(ひきるな)くん。
彼は3歳のころから、民間治療の一つ「ドーマン法」によって障害を徐々に克服し、ついには他者とコミュニケーションを取れるまでに回復(といったも母親とだけ)。同時に驚異的な文学的才能を開花させ、多数の詩を発表。それが多くの人の心を動かし、母親のサポートのもと講演活動なども展開していると、番組では紹介されていました。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク