90s

プロレスファンであることを誇りに思う! 究極の果し合いだったハンセンvsベイダー

プロレスファンであることを誇りに思う! 究極の果し合いだったハンセンvsベイダー
1990年2月10日、この日は当時のプロレスファンにとって生涯忘れられない一日となった。
交わることがないと思われていた全日本プロレス勢が新日本プロレスのリングに上がった記念すべき日であり、猪木が「1、2、3、ダー!」を初披露(記事はこちら)。元横綱の北尾光司がプロレスデビューした日(記事はこちら)でもある。プロレス史に残る出来事が次々と起こった東京ドーム大会であったが、もっとも会場のボルテージが上がった試合と言えば、「最強ガイジン決定戦」で間違いないだろう。
ビッグバン・ベイダーが保持する新日本プロレスの至宝IWGPヘビー級にスタン・ハンセンが挑んだ世紀の一戦。空前絶後のスーパーヘビー級対決が繰り広げられたのである。

過激なファイトが売りの両雄が真っ向勝負


チャンピオンのビッグバン・ベイダーは、190cm、170cmの圧倒的な体格を誇る超巨漢レスラー。アメリカのアスリートの頂点、アメフト『NFL』上がりであり、ボクシングでも大学時代にアマチュア王者に輝くなど、運動神経も抜群だ。しかも、その腕っ節の強さに加え、気の強さも天下一品。アグレッシブ過ぎるファイト内容で、ケンカ一歩手前の不穏試合も数多い危険な選手であった。
対するスタン・ハンセンは、日本プロレス史を語る上で欠かすことのできない外国人レスラー不動のエース。セオリー無視でノンストップで攻めまくることから、付いた異名は「ブレーキの壊れたダンプカー」。やられたら倍返しが信条のファイトスタイルは、多くの対戦相手を震え上がらせていた。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月22日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。