90s

デストラーデ「最強の日本シリーズ男はカリブの怪人」【プロ野球世紀末ブルース】

デストラーデ「最強の日本シリーズ男はカリブの怪人」【プロ野球世紀末ブルース】
短期決戦は助っ人の爆発力が勝負を左右する。

2016年日本シリーズでも、エルドレッド(広島)が第1戦から3試合連続アーチを記録。第4戦でもレアード(日本ハム)が同点で迎えた8回裏に豪快な勝ち越し2ランを放った。
そして、過去の日本シリーズで大暴れした助っ人と言えば、真っ先に名前が挙がるのがオレステス・デストラーデ(西武)だろう。90年から92年まで「3年連続日本シリーズ第1戦第1打席ホームラン」という、恐らく今後も永久に破られることのない大記録を打ち立てたカリブの怪人。

阪神と契約寸前だったデストラーデ


今となっては信じられないことだが、デストラーデは阪神タイガースの助っ人として契約寸前だった。88年オフ、子どもの病気治療のため途中退団したバースの代役として、阪神が目をつけたのがMLBのパイレーツに在籍していた若きスイッチヒッター(同年に近鉄からも獲得オファーがあったという)。
88年10月21日付のサンケイスポーツでは、「阪神デストラーデ調査、村山監督渡米」という見出しがデカデカと1面を飾っている。だが、この話は結局流れて、89年開幕直後にバークレオの不振に頭を悩ませた西武が緊急獲得したのがデストラーデだった。

この年、デストラーデは3Aのバッファローで33試合、打率.230、1本塁打というパッとしない成績。もちろん獲得時に騒ぎ立てるマスコミはなく、6月初旬にひっそり来日後もしばらく2軍生活が続いた。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年10月27日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。