1998年、朝のワイドショー『ルックルックこんにちは』(日本テレビ系)の司会を務めていた岸部四郎が突然番組を降板した。理由は自己破産。その後、番組関係者も連絡の取れない行方不明状態となった。

岸部四郎発見! 第一声は「バイアグラをただでくれ」


岸部の音信不通は数週間にわたり、世間では自殺説まで流れていた。そんな中、岸部は意外な形で発見される。『ルックルック』のスタッフに、岸部本人から「バイアグラをただでくれ」という電話があったのだ。

自己破産によって財産をすべて差し押さえられた岸部は、自殺を心配する世の中の声とは裏腹に、絶倫を希求しながら日本国内を逃亡していたのだった。

騒動後に暴かれた岸部四郎の本性


岸部に自殺説が発生したのは、『ルックルック』の司会ぶりに人のよさそうな雰囲気がただよっていたからだ。
芸能人のスキャンダルが報じられても、決して批判コメントは発しない。ヨネスケの「隣の晩ごはん」のコーナーにクセの強い素人が出ても微笑むだけ。「涙のご対面」のコーナーで桂小金治が号泣していても、黙って深くうなずくだけ。187センチの長身を猫背気味にして淡々と司会進行していく岸部の姿は、草食系の心優しい人にしか見えなかった。
行方不明直後は、自己破産の原因はたくさんの知り合いの連帯保証人になったからとも伝えられたため、「あの優しそうな岸部さんなら責任を感じて自殺してしまうかもしれない」と多くの人が思い込んでしまったのだ。