「私たち後輩は、保田さんの見切れの教材VTRをみて勉強した」

これは10月8日に放送されたテレビ朝日の深夜番組『あるある議事堂』で、先日芸能界引退を発表した“ももち”こと嗣永桃子が放った一言。
「保田」とは誰あろう、モーニング娘。の全盛期に同グループのサブリーダーとして活躍した保田圭のこと。事務所側からは「見て!この保田の必死さ!」と、彼女が歌番組の収録時にほんの一瞬画面に写りこむ様を、何パターンも視聴させられたと、ももちは述懐していました。

特定のファンは皆無? モー娘。のサブリーダーを務めた保田圭


思えば、モーニング娘。が社会現象化していた今から15年ほど前。中学生だった筆者のクラスでは、「メンバーの中で誰が好きか?」という議論が、男子の間でしきりに展開されていました。
人気を集めていたのは、やはり、安倍なつみ・後藤真希・石川梨華などのエース格のメンバー。いずれも、眩い輝きを放つ、グループにおける一等星ともいうべき存在です。

そういった会話の中で、保田を“イチ推し”に挙げる人というのはゼロ。一等星の如く輝くなっちやゴマキの付近で、さながら、六等星のようなこの地味なサブリーダーを、わざわざ、積極的に応援していこうという世論は、皆無に等しかったのです。

「もう一生しゃべらなくていい」と怒られたことも


保田がモー娘。に加入したのは、1998年5月。第2期メンバーとして、市井紗耶香、矢口真里と共にデビューを果たしました。