review

今夜「逃げるは恥だが役に立つ」星野源が切なすぎた「いいなぁ。愛される人はいいなぁ」

『Kiss』(講談社)で連載中の人気マンガが原作のTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。原作の海野つなみ先生は、一度めんどうな童貞と関わったことでもあるのだろうか? 
参考→「絶好調ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』は原作でも星野源=津崎がヒロインだ
イラスト/小西りえこ
エンディングの「恋ダンス」大人気

図解で踊ろう「恋ダンス」はこちら

4話のあらすじ


契約結婚の実態を知った風見(大谷亮平)は、その関係を理想的と捉え、津崎(星野源)に二人でみくり(新垣結衣)をシェアしたいと提案する。しかし、二週間経っても、津崎はみくりにどう話を切り出して良いかわからない。偶然、風見と会ってその話を聞いたみくりは、津崎本人から聞き出そうと、あれこれ小賢しい作戦を試みる。

それでもなかなか言い出してこない津崎に業を煮やし、ついにみくりは直接シェアについて話し合いを持つことに。歯の治療でお金に困っていたみくりは、週2回副業として風見の家で働くことを決める。

勝手に嫉妬してめんどくさい!


イケメン風見への嫉妬がすごい。ポップな演出と星野源のビジュアルで楽しく見ることが出来るが、醜い嫉妬の数々を知り合いの童貞と重ねるとまぁ心苦しい。

(みくりに風見家の事を話を聞かされ)「報告は結構です。あちらのことは、みくりさんと風見さんの契約であって僕には関係ありません。こちらの事も向こうには話さないでください。以上です」

以上ですって言わなければ良いのに。言ってることは間違ってない、いや、間違ってないからこそ言い方一つでより冷たい印象与えてしまっている。しかし、これは会話が下手でこうなってしまっている訳ではない。津崎は、冷たくして突き放すことでわざとみくりとの距離を作り、自分が傷つかないようにしているのだ。ああ、心苦しい。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

逃げるは恥だが役に立つ

逃げるは恥だが役に立つ

「逃げるは恥だが役に立つ」のレビュー記事一覧です

お買いものリンク