90s

『GOLDFINGER’99』に熱狂!世紀末に狂い咲いた郷ひろみ

60歳を過ぎた現在も、年齢を全く感じさせないパフォーマンスで、芸能界のトップに君臨する郷ひろみ。
今に続く、「若々しくてエネルギッシュ」な郷ひろみ像。このイメージを作り上げたのは、世紀末に生まれたあの曲が築き上げたイメージではないだろうか?

結婚後にアイドル脱却を図るも…郷ひろみの低迷期


郷ひろみは71年にデビュー。その後10年以上もの間、男性アイドルのトップを走り続けるも、80年代中期には二谷友里恵との交際・結婚を機にニューヨークに渡米。アイドル路線脱却の充電期間を過ごしている。

89年に帰国した際には、流れの早い芸能シーンからは取り残されてしまった感が否めなかった。実際、ドラマで主演を張るも視聴者からは支持をされていたとは言い難い状況であり(記事はこちら)、ヒット曲にも恵まれなかった。

郷ひろみ、離婚によりイメージ急降下!?


しかし、93年1月発売の『僕がどんなに君を好きか、君は知らない』のロングヒットを皮切りに、翌94年『言えないよ』、95年『逢いたくてしかたない』と、スマッシュヒットを連発。
このいわゆる「バラード3部作」で、“大人の郷ひろみ”のイメージが定着。本格派アーティストの道を進み始めることになる。

だが、好事魔多し。人気復活の中、持ち上がった離婚の原因が郷の奔放な女性関係にあるとされ、築き上げてきたイメージに傷が付いたのだ。離婚の真相を告白本で暴露する形で、ワイドショーの主役に踊り出るも、露出に反比例する形で、芸能界での格付けは大きく下がることに。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク