6年間の空白を経て復帰した大黒摩季。
11月6日放送の『情熱大陸』に続き、11月18日には『ミュージックステーション』に生出演と、復活を強く世間に印象付けている。

『情熱大陸』公式サイトの紹介記事には、「90年代、大人の女性のやるせない想いを迫力あるハイトーンで歌い上げた」とあった。そう、「大人の女性のやるせない想い」=「結婚したいけどできない女性の気持ち」を描いたら当代随一とも言える大黒摩季。
ハイトーンボイスとノリのいい楽曲の勢いで忘れがちだが、その歌詞の内容には怨念さえ感じるほどに、真に迫るものがある。特にアラサー独女の胸には突き刺さるものが……。

本当は怖い大黒摩季の楽曲。中でもメジャーな3曲をあらためて振り返りたい。

サイコサスペンスドラマのような『あなただけ見つめてる』


93年12月発売の6thシングル『あなただけ見つめてる』。彼に気に入ってもらうべく、派手なメイクや雑な言葉使いを改めて彼の趣味に詳しくなるなど、徹底して彼好みの女性に変身して行く様子が延々と語られている。
「あなただけ見つめてる」も…本当は歌詞が怖い大黒摩季ヒット曲3選

彼が快く思っていなかった友人とも絶交し、苦手だった彼の母親に媚びるなど、外見も性格も生き方さえも彼好みの地味な女に生まれ変わった女性が「あなただけ見つめてる」「そして他に誰もいなくなった」と畳み掛けるのだから、もはや夜10時台のサイコサスペンスドラマにしか思えない。
ラストの「夢見る 夢無し女」とは、「結婚を夢見るために、すべての夢を捨てた私」と言うことだろうか? 尽くす女性であることに違いはないのだが、本来の自分を押し殺してまで寄り添う姿に漂う狂気。「ヤバイ High Tension」が覚めた時が恐ろしいのである……。