90s

伊良部秀輝「記録より記憶に残った剛腕投手」【プロ野球世紀末ブルース】

伊良部秀輝「記録より記憶に残った剛腕投手」【プロ野球世紀末ブルース】
こんなに速い球を日本のプロ野球ファンは見たことがなかった。

日本ハムの大谷翔平が生まれる約1年前、93年5月3日の西武球場での出来事だ。ロッテの伊良部秀輝が西武の4番清原和博に対して投じた3球目と4球目で、当時の日本最速記録となる158キロを計測。
なんとかファウルにした清原は、7球目の157キロの直球を弾き返し右中間二塁打を放った。これ以降しばらく、69年生まれの伊良部と67年生まれの清原の対決は「平成の名勝負」として定着することになる。

不思議な投手だった伊良部秀輝


思えば、不思議な投手だった。193cm、108kgの立派な体躯と圧倒的な球の威力を持ちながら、なかなか結果がついてこない男。
沖縄生まれの兵庫県尼崎市育ち。感情の起伏が激しく、喧嘩には自信があった尽誠学園(香川)時代は、四国の剛腕エースとして夏の甲子園に出場も、3回戦の常総学院戦で人さし指と中指のツメを割り敗退。

87年ドラフトでロッテから1位指名を受けプロ入りした後は、制球力に難があり伸び悩む日々。3年目の90年に金田正一新監督の元で8勝を挙げ、その素質が開花したように見えたが、91年3勝、92年0勝と再び低迷。それが8歳年上のチームメイト牛島和彦からアドバイスを貰うようになり、飛躍のきっかけを掴むことになる。

故・大沢啓二監督の名台詞


清原との名勝負を演じた93年には8月から9月にかけて7連勝を記録、9月の月間MVPにも選出され、あの有名な台詞が誕生する。

あわせて読みたい

  • まさかのFA宣言! 駒田徳広「長嶋巨人を自ら去った男」【プロ野球世紀末ブルース】

    まさかのFA宣言! 駒田徳広「長嶋巨人を自ら去った男」【プロ野球世紀末ブルース】

  • バイクで球場入り、街ではナンパ…大阪をこよなく愛したタフィ・ローズ【プロ野球世紀末ブルース】

    バイクで球場入り、街ではナンパ…大阪をこよなく愛したタフィ・ローズ【プロ野球世紀末ブルース】

  • 松坂大輔、「怪物」と呼ばれた早熟の天才投手【プロ野球世紀末ブルース】

    松坂大輔、「怪物」と呼ばれた早熟の天才投手【プロ野球世紀末ブルース】

  • 長嶋茂雄が坊主になった夏……ガルベス審判暴投事件【プロ野球世紀末ブルース】

    長嶋茂雄が坊主になった夏……ガルベス審判暴投事件【プロ野球世紀末ブルース】

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年11月9日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら