「SMAP香取 来年9月で引退」

去る11月6日。こんな見出しがネット上に踊りました。SMAP解散によって、香取慎吾が芸能界へのモチベーションを失っていることはほぼ確実。そんな矢先でのこの一報だったので、「とうとう、決断したか…」との思いで見出しをクリックした人は多かったはずです。
ところが、記事には「東スポWeb」の文字。なんだ、東スポかよ……。と思った方も多いはずです。

日付以外はすべて誤報!?


浅草キッドがかつて、「日付以外はすべて誤報」という名キャッチフレーズを残した東京スポーツこと東スポ。84年、ロス疑惑の三浦和義から名誉毀損で訴えられた際、「ウチの新聞の記事を信用する人間はいないから名誉毀損にはならない」と記者が証言したという伝説は、あまりにも有名です。
これまでも「人面魚重体脱す」「デーブスペクター埼玉生まれの日本人」「小倉キャスター生放送中カツラ落ちた」など、数々のトンデモな話題を世間に提供する同紙ですが、今から14年前の2002年10月23日にも、一つの“らしい”スクープがこの自称スポーツ新聞の一面を賑わせました。

スクープ記事によって蘇った、忘れかけられていた日本の伝説


「衝撃写真カッパ発見」

いかにも同紙らしい記事。なんでも、岩手県遠野市にある土淵小学校裏の川原で、同校の教員や生徒が河童を目撃したというのです。
遠野市は、明治時代の小説家・柳田國男が記し、日本民俗学の先駆的説話集となった『遠野物語』の舞台として知られ、古来より、天狗・座敷童子といった“人ならぬ物の怪”の民間伝承がさかんな地。JR遠野駅前には河童像まで立っています。