bit

世界一相撲を見ている2匹の猫「モル」と「ムギ」が大人気

響き渡る、身体と身体がぶつかる音。力強い四股。鉄砲。稽古の後の休息するひととき……。

相撲部屋のそんな様子を、じっと見つめる2匹の猫がいる。
東京・日本橋の荒汐部屋で飼われている2匹の猫。1匹は、モル。12歳のオス。
世界一相撲を見ている2匹の猫「モル」と「ムギ」が大人気
12歳のオス、モル。

福岡場所のとき、部屋の内海光マネージャー(元・荒獅子)が見つけた野良猫で、そのまま「上京」。モルの名付け親は、部屋の12人の力士中、唯一の幕内力士で部屋頭の、内モンゴル出身の蒼国来。「モル」とはモンゴル語で「猫」のこと。
モルは稽古場や部屋のあちこちを移動する。荒汐親方の傍らで稽古をじっと見つめるまなざしは、もう一人の親方のようにも見える。

もう1匹がムギ。10歳のオス。

世界一相撲を見ている2匹の猫「モル」と「ムギ」が大人気
10歳オス、超インドア派のムギ。


部屋の前に捨てられていたことが縁で、そのまま部屋で飼うことに。モルとは対照的に、力士たちの部屋で過ごし、そこから全く出てこない「超インドア派」。

まさに、「世界で一番相撲を見ている猫」(※本書帯より)。この2匹のネコの写真集が刊行されている。タイトルもストレートに、『荒汐部屋のモルとムギ』(リトルモア刊)。

2匹は「福の神みたいな存在」


写真は、カメラマンの池田晶紀さん率いる「ゆかい」が担当(今回参加したのは池田さん、川瀬一絵さん、池ノ谷侑花さんの3名)。デザインも手がける会社で、本書のデザインも担当した。ゆかいの皆さんに、この写真集やモルとムギについて聞いた。

相撲部屋のネコということでの印象について、こう語る。
「相撲部屋という現場にはとても幸福感があり、縁起もよく、神社にいるような気持ちになります。モルとムギはそこに住んでいるわけですから、それはもう、福の神みたいな存在で、ただのネコという感じではありませんでした」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「世界一相撲を見ている2匹の猫「モル」と「ムギ」が大人気」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    同じ被写体の写真集が同時期に4冊ですか・・・そんなんでいいのかねぇ作り手として

    2
この記事にコメントする

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月16日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。