bit

IPPONグランプリでおなじみ!「沖縄おもしろカルタ」がとてつもなくおもしろかった件

IPPONグランプリでおなじみ!「沖縄おもしろカルタ」がとてつもなくおもしろかった件

新宿にある東京おもちゃ美術館で出会った『沖縄おもしろカルタ』が、名前に偽りなく本当に"おもしろ"かったのでご紹介。どこかで見たことがあると思ったら、あの「IPPONグランプリ」で「このカルタの読み札を教えてください」のお題として採用されているもの。絵札を見れば「あぁコレね!」と、ピンとくる人も多いのでは? 実は今ではLINEスタンプも登場するなど、じわじわと人気を呼んでいるんですよ!

作者は沖縄の人気張り子作家!はじめは展示用として作成


カルタの作者は、沖縄の琉球張子作家・豊永盛人さん。2008年、「島言葉の日」(9月18日)に合わせて沖縄県立美術館で行うイベントで、「沖縄の言葉」をテーマに何か作品を…と依頼を受けて展示用に作った作品だったそう。

「製作期間は、構想も含めて1ヶ月強くらい。読み札の言葉は、沖縄の人なら若い人でもわかるようなライトなものを選びました。古い言葉の素晴らしさを伝えるというより、ニュアンスを残すことを大切に、とにかく楽しめるものを作りたいなぁと思って」と豊永さん。
IPPONグランプリでおなじみ!「沖縄おもしろカルタ」がとてつもなくおもしろかった件


「一番のお気に入りと言われると難しいけれど、沖縄のカルタとして核になるのは『と』(とーとーめーからみるけしき)。"とーとーめー"とは一家が入る位牌のことで、沖縄ならではのもの。玄関を入ったところに"とーとーめー"があり、その中から家族を見ているというイメージです。おもしろ系でいえば、『か』『ま』は好評です。とにかく空気感を大切に、こんな場面で沖縄の言葉を使ったら楽しいかなと思っています」。

あわせて読みたい

  • 雑学風味にハマる、人気の「チズミルク」とは

    雑学風味にハマる、人気の「チズミルク」とは

  • 大人が共感する『おやじギャグカルタ』で遊んでみた

    大人が共感する『おやじギャグカルタ』で遊んでみた

  • "天国"の浜辺で楽しめるカレー

    "天国"の浜辺で楽しめるカレー

  • 沖縄県が学力向上に成功した理由

    沖縄県が学力向上に成功した理由

  • コネタの記事をもっと見る 2016年11月27日のコネタ記事
    「IPPONグランプリでおなじみ!「沖縄おもしろカルタ」がとてつもなくおもしろかった件」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      エドジンかるた どこかの物真似 パクり エドマエ 世界に広め歩いてる

      5
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース