bit

「PPAP」なぜ日本ではピコ太郎のマネから入り、海外はアレンジしまくりなのか

「PPAP」なぜ日本ではピコ太郎のマネから入り、海外はアレンジしまくりなのか
アッポーペーーン。
ジャスティン・ビーバーをきっかけに海外で先に火がつき、日本でも“逆輸入”のかたちで後にブームとなったピコ太郎の「PPAP」。

不思議なのは、日本と海外での楽しみ方が異なることだ。

日本人の場合はまずコスチュームを購入したり、黄色い布を羽織ったりするなど、扮装から入り、マネをするのが一般的だが、海外ではインドバージョンやオリジナルソングなど、様々なアレンジだらけ。
トランプ氏の5歳の孫すらも、原型からかけ離れたワイルドな絶叫系アレンジをしている。

なぜ日本では「忠実なコピーをする」のに対し、海外では大きく原型から離れていくのか。
その理由について、追手門学院大学笑学研究所客員研究員で日本笑い学会理事の瀬沼文彰さんは、日本とアメリカのモノマネについて次のように分析する。
「日本のモノマネは基本的にリスペクトが前提な場合が多いです。一方で、アメリカの場合、リスペクト前提のモノマネもありますが、風刺の意味合いが含まれていることも多く、モノマネする対象を攻撃する、多くの人に改めて価値を問うなどのメッセージが大切な役割になります。例えば、トランプさんの真似をして、トランプさんの政治的主張のおかしさを多くの人に問うなどがその典型例です」

とはいえ、今回はもちろんピコ太郎を攻撃・批判する目的はなく、単純に面白い、あるいは面白いと発信することがセンスがありそうということだろうと言う。

国内外で「PPAP」の楽しみ方が異なる3つの理由


あわせて読みたい

  • 松岡修造 実は理論派でネガティブ?

    松岡修造 実は理論派でネガティブ?

  • 若手芸人と娘のやりとりが人気

    若手芸人と娘のやりとりが人気

  • ざわちん ものまねメイク秘訣公開

    ざわちん ものまねメイク秘訣公開

  • お嬢様芸人たかまつなな妙な生き様

    お嬢様芸人たかまつなな妙な生き様

  • コネタの記事をもっと見る 2016年11月30日のコネタ記事
    「「PPAP」なぜ日本ではピコ太郎のマネから入り、海外はアレンジしまくりなのか」の みんなの反応 3
    • kame0115 通報

      文化の違いがはっきり出てる気がする。自分のアイデアを主張することが好きな海外、他人と違うことはあまりしたくない日本って感じ。

      10
    • 匿名さん 通報

      「そんなの関係ねえ!(D.トランプ)」

      3
    • 匿名さん 通報

      「そんなの関係ねえ!」のレゲエアレンジだったか、大昔見た覚えがあるなー もちろん日本製動画に非ず。

      3
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら