review

「IQ246〜華麗なる事件簿」今夜7話。織田裕二からディーン・フジオカに主役交代か

折り返し地点ということで、大きくドラマが展開した日曜劇場『IQ246〜華麗なる事件簿』(TBSテレビ系・日曜21:00〜)第6話。
「IQ246〜華麗なる事件簿」今夜7話。織田裕二からディーン・フジオカに主役交代か
イラスト/北村ヂン

いやぁー、ビックリしましたわ。

数々の犯罪を裏で操っていた黒幕「13」こと「M」こと「マリア・T」の正体が、中谷美紀演じる監察医・森本朋美だったなんて……。

舞台挨拶で「シリーズを通しての大きな謎」とまで言っていた「M」の正体が、まさか、ここまで単純な謎とは。逆の意味でビックリさせられてしまいましたよ!

とりあえずそれは置いといて、今回の事件。

机の上の宝くじをひと目見て当選していると見抜くMEGUMIの推理力


「M」の正体の件で衝撃を受け過ぎて、メインの事件の方は頭からすっ飛んしまいそうになったけど、まあそれくらい今回の事件はしょーもないものだった。

発端となったのは、工場で真面目に働く地味な男・鈴木守(今野浩喜)が宝くじで6億円当たったこと。

「宝くじが当たっても、誰にも話しちゃいけない!」というのはよく言われることだが、当選に浮かれてしまったのか、なんと鈴木はソッコーで、投資の相談をしに行った証券会社の社員・笠原亮次(和田聰宏)に自慢してしまうのだ。

しかも当選券はまだ換金前&そのまんま持ち歩いて見せびらかす始末。

というわけで、借金で困っていた亮次は、どうやって後をつけたのか分からないけど(そのまんま証券会社を抜けだして尾行したわけじゃないよね!?)「ろくおくえ〜ん」というオリジナルソングを熱唱しながら歩いている鈴木にそーっと近づいて、後頭部を鈍器でガツーン!

あわせて読みたい

  • 「IQ246」難解すぎるトリックに唖然

    「IQ246」難解すぎるトリックに唖然

  • 「IQ246」おディーン織田裕二が妖しい

    「IQ246」おディーン織田裕二が妖しい

  • 「IQ246」どうしてもトリックがゆるい

    「IQ246」どうしてもトリックがゆるい

  • 「IQ246」裕二よりトリックが問題だろ

    「IQ246」裕二よりトリックが問題だろ

  • レビューの記事をもっと見る 2016年11月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    IQ246〜華麗なる事件簿

    IQ246〜華麗なる事件簿

    織田裕二主演のテレビドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」のレビュー一覧。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース