おせちの「昆布巻き」に注意!意外と糖質の多い昆布の賢い食べ方

2016年もいよいよ残すところあと一か月を切った。新年の幕開けといえば、おせち料理である。近年、ぞくぞく登場している各百貨店や店舗からの「糖質オフおせち」は、今年、ますます目立ってきたように思う。
このおせち、黒豆煮や栗きんとんなど、見るからに糖質が多いもののほか、一見糖質が少なそうだが意外と多いものもある。そのうちの一つが「昆布巻き」だ。
そこでこのおせち料理の昆布巻きについて調べてみた。

昆布の糖質量は?


おせちの「昆布巻き」に注意!意外と糖質の多い昆布の賢い食べ方

昆布は海藻でカロリーも低く、健康に良いように思える。そんな昆布に糖質が多いとは驚きだ。五訂増補日本食品標準成分表によれば、昆布の糖質量は次のような結果になっていた。


日本昆布協会の公式サイトによれば、おせち料理の昆布巻きとしてよく使われるのが、長昆布と三石昆布(日高昆布)、そして表にはないが、厚葉昆布(あつばこんぶ)というものだという。長昆布は最も生産量が多く、佃煮や昆布巻などとして加工されるものとされる。よって、おせち料理で出会う確率が高いのが、長昆布と三石昆布(日高昆布)を使った昆布巻きということになる。

長昆布と三石昆布(日高昆布)の糖質量を見てみよう。
それぞれ100gあたりの糖質量は、長昆布は21.7 g、三石昆布(日高昆布)は29.9 gだ。ちなみに、炊いたご飯(精白米)の糖質量は100gあたり糖質 36.8g。つまり昆布の糖質量は、ご飯の約6割ほどの糖質量であることが分かる。昆布といえば、一見糖質が0のように思えるが、その予想を裏切る多さである。