90s

宇多田ヒカルの「Automatic」が週間1位を獲得しなかった理由

「人間活動」をするために2010年から音楽活動を休止していたシンガーソングライター、宇多田ヒカルがいよいよ活動を再開した。9月末には、8年半ぶりのオリジナルアルバム『Fantome』をリリースし、週間チャート1位を獲得。売上げ50万枚を突破し、大ヒットになった。
NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌『花束を君に』を歌っていることから、今年は過去に何度も断ってきた『NHK紅白歌合戦』への初出場も決定している。

彗星のように現れた宇多田ヒカル


活動休止を経て、色あせない特別なきらめく才能を見せつけた宇多田ヒカル。リリースすればビックセールスだが、1998年12月にリリースした1stシングル『Automatic/time will tell』は、オリコンシングルチャートで8cm盤が初登場12位、12cm盤は初登場20位だった。

もともと、シングルは8cm盤、アルバムは12cm盤に分かれ、2形態が混在していた。
その後、90年代後半になって、12cm盤が音楽にとどまらず記録メディアとして爆発的に普及したことや、レコード会社側などのメリットもあり、8cm盤は衰退。シングルもアルバムも12cm盤(マキシシングル)に統一されていく。

『Automatic/time will tell』は、その移行期にあって2形態を別々に集計していたため、どちらも10位以下だった。

タイアップでじわじわと売り上げを伸ばす


編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク