90s

漫画原作映像化の常識を変えた! 映画『ピンポン』の偉大な功績【キネマ懺悔】

漫画原作映像化の常識を変えた! 映画『ピンポン』の偉大な功績【キネマ懺悔】
映画『ピンポン』
「少年、なんだか分かんないけど人生そんなに捨てたもんじゃねえぞ」
「シグ?死がねぇよ。空飛ぶんだ。月にタッチするなんてわけないよ」
 
I Can Fly! そう絶叫しながら、窪塚洋介は空を飛んだ。あ、映画の中の話だけど。2002年7月20日公開の映画『ピンポン』。ご存知、松本大洋の人気原作漫画の映像化。監督は曽利文彦、そして脚本は宮藤官九郎。熱狂的なファンを多く持つ松本大洋とクドカンのゴールデンコンビが実現し大きな話題を呼んだ。

主人公ペコ役には当時人気絶頂の窪塚洋介、ペコの幼馴染みでライバルのスマイル役には売れっ子モデルARATA(現:井浦新)が扮し、軽快なSUPERCARの『YUMEGIWA LAST BOY』が鳴り響く中、卓球に燃える青春映画。恐らく、この作品で中村獅童や大倉孝二を初めて知ったという人も多いのではないだろうか。
挿入歌には石野卓球、砂原良徳、BOOM BOOM SATELLITESといったオールスター的な豪華メンツが集結。日韓W杯の熱狂の直後、02年の旬の才能が集結して作られた快作にして傑作だ。

『ピンポン』の違和感の正体


今回、このコラムを書くにあたり久々に映画を見返してみたが、驚くほど色褪せてなかった。公開当時、大学の同級生たちと劇場で観た時の妙な照れ臭さと違和感。もしかしたら、その違和感の正体は「新しさ」だったのかもしれない。

あの頃、あまり日本映画を観ない人たちに理由を聞くと、「なんか暗いから」という答えが圧倒的に多かった。台詞が聞き取りにくい、ストーリーが暗い、なにより画面が暗い。いわゆるひとつのスクリーンから漂う、悲しいくらいのマイナー感。だから、例えば広末涼子主演の『秘密』を男同士で見ていると死にたくなってくるあの感じ。同級生の気になるあの娘を『バトル・ロワイアル』に誘って完全にドン引きされたあの記憶。

あわせて読みたい

  • 転落・離婚・レゲエ・女装…お騒がせ窪塚洋介が最高にカッコ良かったあの頃

    転落・離婚・レゲエ・女装…お騒がせ窪塚洋介が最高にカッコ良かったあの頃

  • 広末涼子ブームを象徴 映画「広末三部作」を振り返る【キネマ懺悔】

    広末涼子ブームを象徴 映画「広末三部作」を振り返る【キネマ懺悔】

  • 浅野忠信「90年代最も売れた俳優伝説」を振り返る【キネマ懺悔】

    浅野忠信「90年代最も売れた俳優伝説」を振り返る【キネマ懺悔】

  • 公開25周年記念『ぼくらの七日間戦争2』をあえてガチで観る【キネマ懺悔】

    公開25周年記念『ぼくらの七日間戦争2』をあえてガチで観る【キネマ懺悔】

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年12月2日の90s チョベリー記事
    「漫画原作映像化の常識を変えた! 映画『ピンポン』の偉大な功績【キネマ懺悔】」の みんなの反応 1
    • たまっち 通報

      最近の漫画原作の邦画は作る側が世界観も理解してない安易なコスプレ映画だけどね

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース