90s

古舘伊知郎の名バラエティ番組を振り返る……和田アキ子や石橋貴明とコラボも

古舘伊知郎の名バラエティ番組を振り返る……和田アキ子や石橋貴明とコラボも
※写真はイメージです
フリーキャスターでタレントの古舘伊知郎の新番組が視聴率で苦戦している。日曜夜に2時間の長時間枠で放送されている『フルタチさん』(フジテレビ系)の初回視聴率は8.2%とふるわず、その後も数字を下げている。

裏番組に『鉄腕DASH!』や『世界の果てまでイッテQ』(日本テレビ系)、大河ドラマ『真田丸』(NHK)といった強力なラインナップが並ぶせいもあるが、古舘の満を持してのバラエティ復帰作としては不合格の数字であろう。

『フルタチさん』のウリのひとつは、古舘のマシンガントークである。もとよりプロレスやF1の実況で世に出てきた人である。その喋りに魅力があるのは確かだ。
だが、90年代をふりかえれば、古舘伊知郎の魅力は、他の芸能人とのコラボレーションを通して、より高まるものではなかったか。

古舘伊知郎と和田アキ子の名コンビ


古舘のコラボ相手としてまず思い浮かぶのは和田アキ子だろう。
両者は、80年代からいくつかの番組をこなしており、1994年4月にスタートした新番組『クイズ悪魔のささやき』(TBS系)は、久しぶりの共演となった。この番組は、一般視聴者の“ビンボーアピール”をもとに、スタジオ観覧客の投票に応じて金額が決定。クイズに挑戦することで最大100万円が獲得できる。

この番組の面白みは、古舘伊知郎の“素人いじり”にあった。ビンボーといっても、単にお金がない一般的な貧困のイメージとは異なる。番組には「貯金が1600万円あるが、使うのがもったいないので遊ぶ金が欲しい」「ボディビルを続ける資金が欲しい東大大学院生」といった変わり種の挑戦者が次々と登場した。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月23日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。