90s

佐々木主浩「脱走に規則無視、若手時代の豪快すぎる伝説の数々」【プロ野球世紀末ブルース】

東北高校でエースとして甲子園に出場した佐々木少年は、死にたいくらいに憧れた東京生活を夢見る18歳。ここでオシャレな青山学院大学の進学を希望するも、高校の野球部監督から猛烈なダメ出し。理由は「東京へ行ったらお前は遊ぶ」から。これに対して、佐々木本人も「確かに、東京の大学へ行ったら私は間違いなく遊んだはずだ。もし東京に行っていたら、今の私はない」と躊躇なく認める潔さ。
地元の東北福祉大学に進むも、1年の時にいきなり先輩とケンカして寮を飛び出し、友達の家へ逃避行(その後あっさり連れ戻される)。なんと佐々木は大学時代に懲罰で8回も坊主になっているという。もはやそのペース、普通の散髪なんじゃ……なんて突っ込みは野暮だろう。

日ハムに指名される可能性もあった佐々木


2年生の終わり頃には、今度も先輩とぶつかり寮を飛び出て東京の女友達の元へ。もう大学を辞めるつもりだった佐々木は、東京でアパートを借りるという凄まじい行動力を発揮するも、そこに親が踏み込んでまたも連れ戻される。結局、大学時代にまともに野球をやったのは4年生の時だけと言いながら、89年ドラフトで大洋ホエールズから1位指名を受けるのだから、野球の実力はやはり図抜けていた。

ただ、このドラフトでは1位指名を確約していた大洋が、いきなり野茂英雄を1位入札したことに「話が違う」と激怒。ハズレ1位指名となったわけだが、なんと日本ハムの故・大沢啓二常務が強引に佐々木を1位指名する寸前だったという。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月7日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。