review

「水曜どうでしょう」藤村DがデイリーポータルZに説教をする」はずがパンツ愛に目覚めていたレポ

エキレビでもたびたびインタビューやイベントレポを行ってきた「水曜どうでしょう」の“藤やん”こと、藤村忠寿ディレクター(以下、藤村D)。ニフティ株式会社が運営するイベントスペース&飲食店「東京カルチャーカルチャー」の渋谷移転こけら落としイベントに藤やんが現れると聞いて駆けつけた。
「水曜どうでしょう」藤村DがデイリーポータルZに説教をする」はずがパンツ愛に目覚めていたレポ
ワインボトルを片手に登場し、グビグビ飲み始める藤村D。でも、ビールも飲みます

12月7日に開催された同イベントは、ニフティが運営する読み物サイト「デイリーポータルZ」(以下、DPZ)のライター陣を相手に、藤村Dが説教を繰り広げるというもの。なぜ、説教なのか。きっかけはDPZの名物イベント“札束風呂”だった。藤村Dは自身が司会を務めたイベントで、偽札が詰まったバスタブで嬉々として記念撮影する親子連れを目撃。「ガキにこんなことさせちゃいかんだろう!」と、DPZウェブマスター林雄司さんをつかまえ、思わず説教したという。

林 「僕、ホントにそういうのがわからなくて。その発想はなかった!! って」
藤村 「バカじゃねえか。誰しもがおかしいと思うよ!」
林 「ネットの中では褒められっぱなし。会社でも、最初の頃はやめろと言われてたのに、ここ10年ぐらいは言われない。この前なんて、社長を人間大砲にして飛ばしちゃったし。いい加減、これは良くないなと思って」

そこで企画したのが、今回の“ご指導ご鞭撻イベント”だというのである。
「水曜どうでしょう」藤村DがデイリーポータルZに説教をする」はずがパンツ愛に目覚めていたレポ
司会のDPZウェブマスター・林雄司さん(写真左)と、ライターで造形作家の乙幡啓子さん(写真右)

ルールはこうだ。DPZのライター陣が前半8名、後半8名の計16名登壇し、1人ずつ藤村Dに自薦記事をプレゼン。説教する気満々の藤村Dが迎え撃つ。要は「説明した段階で怒られる」(藤村)というわけだ。もっとも一方的にやられるDPZ勢ではない。ここでは組んずほぐれつの熱い戦いの中から、とくに印象に残った名勝負を紹介したい。

あわせて読みたい

  • 4年ぶりの「水曜どうでしょう」が到達した新境地〈藤村忠寿(藤やん)新刊インタビュー前編〉

    4年ぶりの「水曜どうでしょう」が到達した新境地〈藤村忠寿(藤やん)新刊インタビュー前編〉

  • 「水どう」藤村D おじさんに読み聞かせ

    「水どう」藤村D おじさんに読み聞かせ

  • 震災後の「水曜どうでしょう」は〈藤村忠寿(藤やん)新刊インタビュー後編〉

    震災後の「水曜どうでしょう」は〈藤村忠寿(藤やん)新刊インタビュー後編〉

  • 「水曜どうでしょう」の“藤やん”が語る、組織内サバイバルガイド『けものみち』

    「水曜どうでしょう」の“藤やん”が語る、組織内サバイバルガイド『けものみち』

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年12月9日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース