90s

あの大物たちの出世作、異色の相撲映画『シコふんじゃった。』【キネマ懺悔】

あの大物たちの出世作、異色の相撲映画『シコふんじゃった。』【キネマ懺悔】
『シコふんじゃった。』
かつて空前の大相撲ブームにして、「若貴フィーバー」と呼ばれた時代があった。

若花田(のちの若乃花)・貴花田(のちの貴乃花)の兄弟は、相撲というジャンルを越えた国民的スーパースターとなり、本場所は連日満員御礼を記録。そしてブームのピークだった92年秋には、貴花田と当時のトップアイドル宮沢りえが婚約を発表。このインパクトは、強引に今で例えると現役力士の遠藤と広瀬すずが付き合って、連日ワイドショーを賑わすようなものだ。
突然のビッグニュースで、翌日には西武とヤクルトの日本シリーズ第7戦を差し置いてスポーツ紙1面を占領。これには熱戦を制して日本一に輝いた西武の選手も、「何もこんなタイミングで発表しなくても…」と絶望したというエピソードが残っている。

そんな大相撲黄金時代のど真ん中92年1月に公開された映画が『シコふんじゃった。』である。当時26歳の元人気アイドル本木雅弘が披露した引き締まった身体とまわし姿が話題になった本作。そのインパクトは、しつこく今で例えると、NEWSの手越祐也が相撲映画に主演して思いっきり尻を出すみたいなものだ。
監督はブレイク前夜の周防正行。共演者には柄本明、竹中直人、田口浩正、相撲部マネージャーのヒロイン役で弱冠21歳の清水美砂といった個性派俳優がズラリ。

弱小相撲部に助っ人入部した本木演じる主人公


物語はいたってシンプルだ。主人公はレジャー系のチャラいサークル活動を中心に、お気楽な大学生活を送る教立大学生の山本秋平(本木雅弘)。就活も要領よくコネを使いさっさと終えるも、秋平は卒業に足りない単位と引き換えに穴山教授(柄本明)と取引し、メンバーが足りずに潰れる寸前の弱小相撲部に助っ人入部。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「あの大物たちの出世作、異色の相撲映画『シコふんじゃった。』【キネマ懺悔】」の みんなの反応 1
  • ムック 通報

    こういう肩の力を抜いて気楽に見れる映画には、意外と名作が多い!モッ君は顔変わらずイケメンだな~

    4
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月9日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。