bit

韓国伝統?の「ピカチュウとんかつ」を探しに行く

ピカチュウがドーナツ、あんまん、弁当に


ポケモンGOはいまだに正式にはプレイできない状態だが、韓国でもピカチュウは大人気だ。街にはピカチュウグッズがあふれ、ピカチュウをモチーフにした食べ物もしばし登場する。

今年秋には、ドーナツチェーン店のクリスピークリームが、ピカチュウの形をしたドーナツを限定発売。続いて11月からはセブンイレブンがピカチュウあんまん、ピカチュウ弁当など次々とピカチュウフードを発表し、SNSで話題を集めている。

韓国伝統?の「ピカチュウとんかつ」を探しに行く
カラーリングはど派手だが、味は意外と素朴なあんまん。

韓国伝統?の「ピカチュウとんかつ」を探しに行く
ピカチュウ弁当には、ピカチュウの顔の形をしたとんかつが入っている。


ピカチュウ型のとんかつに、ピカチュウを揚げちゃうのか……と危険な想像をふくらませたのは私だけではないはずだ。一方、韓国では何と「懐かしい」という声もあがっている。

というのも、韓国では以前からピカチュウの形をしたとんかつ、韓国語で発音するところの「ピカチュトンカス」が学校前や市場の屋台で販売されており、既に“思い出の”B級フードとなっているというのだ。

これはポケGOでサンタピカチュウなど探している場合ではない! 町のピカチュウとんかつをゲットしに、ソウル市内へと繰り出してみた。

「ピカチュウ、チュセヨ(ください)」と注文


簡単に見つかるだろうと高をくくっていたのだが、これが全然見つからない。屋台に出会うたびに中をのぞくが、それらしき姿は一度も発見できなかった。著作権問題などで消えてしまったのだろうか……。

そんななか偶然寄ることになったのが、ソウルの隣、仁川市にある昔ながらの市場。ソウル駅から1時間以上かけて崇義駅に向かい、そこからバスで15分の位置にある「土地金庫市場」は、周辺住民しか立ち寄らない小さな市場なのだが、学校帰りの子供たちが屋台に立ち寄る姿を見て、ピンと来た。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース