90s

『ラストコップ』だけじゃない! グダグダだった長瀬智也主演『ムコ殿2003』の生放送

『ラストコップ』だけじゃない! グダグダだった長瀬智也主演『ムコ殿2003』の生放送
主演を務めた長瀬智也(イラスト:ハセガワシオリ)
12月10日。日テレのドラマ『ラストコップ』が、全10話の放送を終了しました。1985年から昏睡状態だった刑事が、30年後の未来に突如目覚め、現代の刑事とバディシップを組んで活躍するという本作。
唐沢寿明と窪田正孝の、新旧イケメン俳優によるW主演が話題を呼んだものの、平均視聴率 は8.3%。低調な結果に終わりましたが、パロディをふんだんに盛り込んだコメディタッチの作風に、熱心なファンも多かったようです。

グダグダだった『ラストコップ』の生放送


特に良くも悪くも評判だったのが、最終回。一部を生放送にして、リアルタイムの視聴者投票により、唐沢演じる主人公の生死が決まるという、かなり実験的な試みがなされていました。もちろん、生放送ならではのアクシデントも盛りだくさん。
食卓を囲むシーンでは、窪田が佐々木希に公開プロポーズをするのですが、その際、窪田が突然笑い出したのをきっかけに、場の空気が弛緩。すかさず、和久井映見や唐沢といったベテラン勢が老獪な芝居でフォローするも、調子を崩した佐々木が役名ではなく「唐沢さん」と呼んでしまったことで一気に決壊。キャスト全員が笑い出し、グダグダな空気のまま進行していました。

さて、こうしたドラマの生放送で思い出されるのが、2003年に放送された『ムコ殿2003』(フジテレビ系)です。

現代では異例となる生放送を実施


生放送のドラマといえば、他にも香里奈が主演した『私が恋愛できない理由』(2011年)、キムタク主演の『PRICELESS』(2012年)、福士蒼汰と本田翼が共演した『恋仲』(2015年)が最近フジテレビで放送されていましたが、おそらくその元祖となったのが『ムコ殿2003』です。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「『ラストコップ』だけじゃない! グダグダだった長瀬智也主演『ムコ殿2003』の生放送」の みんなの反応 3
  • yusuke 通報

    結果は予想できたし、生放送には期待してはいなかったけど、子供たちはリモコン片手にワイワイ楽しんでましたよ。

    3
  • さるとりね 通報

    長瀬智也さん主演の「ムコ殿2003」がドラマ生放送の先駆けだったのですね。 中々ドラマ生放送は視聴率が振るわないようですが、私は「ラストコップ」好きでした。 これからのドラマ生放送にも期待しています。

    2
  • ぱぱぱぱじゃま 通報

    舞台のような臨場感?を見ることができた。佐々木希が「唐沢さん」って言ってしまったのには、役者として緊張感がなさすぎな気がしました。

    2
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月24日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。