90s

番組の企画でわざと脱糞……凄まじかった劇団ひとりの芸人魂

番組の企画でわざと脱糞……凄まじかった劇団ひとりの芸人魂
様々な番組で活躍中の劇団ひとり(※写真はイメージです)
「彼女の存在が公になるとファンが減る」

これは、ウエストランドというお笑いコンビのツッコミ担当・井口浩之による発言。このコメントに対し、事務所の先輩・爆笑問題の太田光は自身のラジオで「ジャニーズか、お前は!」と痛罵していました。お笑いは、女子からキャーキャー言われるためにやるものではない。太田にとって、井口のようなアイドル気取りの芸人は邪道に感じたのでしょう。

イロモノと呼ばれていた芸人


かつて、芸人はイロモノと呼ばれていました。寄席のめくりで、落語家・講談家が黒文字で書かれていたのに対し、漫才師を含むそれ以外の芸事に及ぶ者は色文字で書かれていたことに由来します。
寄席での落語家・講談家>それ以外という序列は、そのままテレビの世界にも適用されていたらしく、漫才師が歌手や俳優と同じ番組に出る際は、「イロモノは端っこの方行っといて」などと邪険に扱われたといいます。

そんな昔と比べて今は、芸人の立場が飛躍的に向上したのは間違いありません。しかし、芸人の本分はあくまでも人を笑わすこと。時には自分の汚い部分をも曝け出し、ネタにするくらいの気概が必要なのではないでしょうか。
そういった意味で10数年前、劇団ひとりが見せたのはまさに、イロモノとしての真骨頂でした。何せ笑いのために、カメラの前で脱糞したのですから……。

日テレの深夜番組『カミングダウト』で事件は起こった


事件が起こったのは、2004年~2005年に放送していた深夜バラエティ『カミングダウト』(日本テレビ系)のとある回。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「番組の企画でわざと脱糞……凄まじかった劇団ひとりの芸人魂」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    うんこ、しっこで笑いを取ることが芸人魂?小学生か。アホくさい。 あの場で、いかに漏らさずに笑いを取れるかを考えてこそ、本物の芸人でしょ。 脱糞しないと笑い取れないのか、こいつは。

    2
  • 匿名さん 通報

    「芸人」という肩書だけで条件反射的に悪態をつく人=保守的・閉鎖的思想。よく有りますな、ネット民にそういうのが。

    0
  • 匿名さん 通報

    今さらながらこの記事を見て、おれもこの番組リアルタイムで見てました。ドン引きしながらも大爆笑しましたよ。

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月29日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。