90s

映画『リング』、今観ても超怖い説を検証する【キネマ懺悔】

映画『リング』、今観ても超怖い説を検証する【キネマ懺悔】
「リング」
クリスマスと言えばホラー映画だ。

女性同士なら華やかな女子会ができるけど、男同士は騒げば騒ぐ程虚しくなる。結果、真夜中になぜかワンルームマンションに男5人で集まって静かに観るホラー映画。あの恐怖と無力感を乗り換え、男は大人になるわけだ。
というわけで、久しぶりにクリスマス三連休にJホラーの金字塔『リング』を観ることにした。劇場公開は98年1月31日、配給収入10億円を突破し、もはやHIIHが歌う『feels like “HEAVEN”』の「くる~きっとくる~」主題歌と黒髪ロングヘアーの貞子がテレビから這い出るシーンが半分ネタと化している1本だが、公開から18年が経過した2016年の今こそ、1本のホラー映画としてガチで観賞したらべらぼうに怖いのではないだろうか?
今回は、『リング』今観ても超怖い説を検証してみよう。

「呪いのビデオ」という絶妙な設定


まずは不気味な漆黒な海面映像から始まり、次のカットでテレビに映るプロ野球中継には、ドアップでファースト清原和博の姿。ヤバイいきなり色々な意味で怖い。あ、すいません。最初に登場する女子高生はどこかで見たことあるなぁと思ったら映画デビュー作の竹内結子だった。主演は元祖菜々緒みたいな長身美女の当時24歳松嶋菜々子。その元夫役には、ちょっとくたびれたイケメンを演じさせたら右にでるものはいない当時37歳の男盛り真田広之。さらに恋人役で中谷美紀と豪華キャストが勢揃い。物語は観たら1週間後に死ぬ呪いのビデオテープを巡り進んでいく。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「映画『リング』、今観ても超怖い説を検証する【キネマ懺悔】」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    笑いがなく、マジに怖かった。

    0
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月23日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。