90s

デーブ大久保「異例の2000万円特別ボーナスを手に入れた男」【プロ野球世紀末ブルース】

デーブ大久保「異例の2000万円特別ボーナスを手に入れた男」【プロ野球世紀末ブルース】
※写真はイメージです
今から25年前の話だ。

1991年9月8日、どしゃ降りの雨に打たれながら、SMAPは西武園ゆうえんちでデビューイベントを開催した。のちに解散騒動で日本中を揺るがすことになる彼らだが、同じ頃に西武園ゆうえんちから約3.5km離れた西武球場でも心折れかけているひとりの男がいた。当時、西武ライオンズ所属の「デーブ」こと大久保博元である。

大久保は高校通算52本塁打の巨漢捕手として注目を集め、84年ドラフト1位で西武入団。しかし、当時黄金期を迎えつつあったチームには球界を代表するキャッチャー伊東勤が君臨。伊東は大久保の5歳上。引退を待っていたらオレの選手生命も終わってしまう。ならば打撃力を生かして指名打者か1塁転向と思ったら、今度はあの甲子園の怪物・清原和博が入団してくる不運……。

1軍起用されず…西武時代のデーブ大久保


結局、大久保は86年にアメリカ留学、87年にはジュニアオールスターMVPを獲得するが、当時の森祇晶監督との相性も悪く、捕手としての出場どころか、1軍起用されることもほとんどなく、85年から91年のプロ7シーズンでわずか通算6本塁打。強引に今の球界に例えると、ドラ1大型スラッガーと期待されながらも、プロ8年間で9本塁打しか打てず、今オフ巨人から日本ハムへトレードされた大田泰示のようなギリギリの若手選手だった。

「もうトレードに出してください」
我慢も限界に達した大久保はプロ入り前から慕う故・根本陸夫管理部長に移籍志願。「わがままいってんじゃねえ!」なんて一喝されるも、92年5月8日に中尾孝義との交換トレードで子どもの頃からファンだった巨人への移籍が決まる。根本自ら「石毛、清原、大久保の3人だけは西武から出すな」という堤義明オーナーを説得して実現した移籍劇。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「デーブ大久保「異例の2000万円特別ボーナスを手に入れた男」【プロ野球世紀末ブルース】」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    石毛、清原、大久保の3人だけは西武から出すな。そんな事を言っていたのか、この言葉所謂死亡フラグになっちゃったな。

    3
この記事にコメントする

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月28日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。