90s

爆笑問題の出世作となった2つの深夜番組とは?

1998年の4月、爆笑問題による2つの深夜番組がスタートした。『号外!!爆笑大問題』(日本テレビ系)と『大爆笑問題』(テレビ東京系)である。

"ボキャブラ"で再ブレイクした爆笑問題


爆笑問題は1988年に太田プロダクションからデビューを果たし、社会派の毒舌漫才で“ポストツービート”として売り出されたが、事務所独立のトラブルから90年代前半は不遇の時代を過ごした。そんな彼らの、再ブレイクのきっかけとなった番組といえば、“不発の核弾頭”として番組内で頭角を現した『ボキャブラ天国』シリーズ(フジテレビ系)だろう。

時事ネタを取り上げた『号外!!爆笑大問題』


そして「ボキャブラ」を卒業した1998年4月に2つの冠番組が同時にはじまった。『号外!!爆笑大問題』と『大爆笑問題』である。

『号外!!爆笑大問題』は、時事ニュースを笑いの要素を交えながら取り上げる番組であり、現在の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に通ずる番組だといえるだろう。
この番組のもとになった企画は、1997年1月に発売され30万部を超えるベストセラーとなった彼らの著書『爆笑問題の日本原論』(宝島社)である。同書は爆笑問題の漫才という形式で時事ネタに切り込んでいくものであり、そのテレビ版が『号外!!爆笑大問題』であったのだ。
この番組では太田が、私的な語りを盛り込んだ「今週のコラム」なるコーナーもあり、雑誌的な作りの番組であったと言える。

マニアックな要素が強かった『大爆笑問題』


編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク