「キュレーションメディア問題」が、世間を騒がせています。

元を辿れば、DeNAが運営するキュレーションサイト「WELQ(ウェルク)」が、医療・健康情報を扱う媒体であるにも関わらず、薬機法違反と思しき誤った記事を載せていたことがきっかけで、問題視されるようになりました。
健康に関する情報というのは、受け手の身体に影響を及ぼす可能性があるもの。だからこそ、メディアは厳正に吟味してから情報を公開すべきであり、いいかげんな知識を広めてしまっては社会的制裁を受けても致し方ないというものでしょう。

今から約10年前に放送された『発掘!あるある大事典』も、そういった社会的制裁を受けたメディアコンテンツの一つ。この番組は、スタッフが都合の良いようにデータを改ざんしていたという点で、ある意味、「WELQ(ウェルク)」よりも悪質だったといえるかも知れません。

『発掘!あるある大事典』の放送で納豆の品切れ続出


『発掘!あるある大事典』は、1996年~2007年に放送されたフジテレビ系列の生活情報番組。毎回、健康・からだ・食に関する様々な情報を紹介し、平均視聴率は15%前後と、安定した人気を誇っていました。

問題になったのは、2007年1月7日の放送。『食べてヤセる!!!食材Xの新事実』と題した、納豆によるダイエット効果を特集した回です。内容としては、納豆に含まれるイソフラボンを摂取すれば、副腎皮質から分泌されるDHEAというホルモン物質が増加してダイエットに繋がる、といったもの。