90s

SMAP5人が演じた青春群像劇……今こそ観たいドラマ『僕が僕であるために』

SMAP5人が演じた青春群像劇……今こそ観たいドラマ『僕が僕であるために』
SMAP
「僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない」

デビューしたばかりの尾崎豊が書いた歌詞は、よく時代遅れだと揶揄されます。とはいえ、30年近くも前の楽曲なのだから、当然といえば当然。今の若い世代が、盗んだバイクで走り出したり、夜の校舎窓ガラス壊して回ったりするような詩を押し付けられても、「?」となるのは致し方ないでしょう。
しかし、彼の詩には「青春の衝動」を喚起するようなストレートなメッセージが溢れており、だからこそパワフルで、いつの時代にも熱狂的な支持者がいるのではないでしょうか。

そんな尾崎が1983年にリリースしたファースト・アルバム『十七歳の地図』に収録されていたのが、『僕が僕であるために』です。
そこから長らく知る人ぞ知る曲として愛されていたこの青春ソングは、発売から14年経った1997年、突如として脚光を浴びることになります。当時人気絶頂だったSMAPが主演した新春スペシャルドラマの主題歌・タイトルに起用されたのです。

SMAPの5人が高校駅伝部の元部員役を演じた


2016年12月10日。SMAPグラフィティの一環として19年ぶりに再放送されたことでも話題を呼んだ、ドラマ『僕が僕であるために』。物語のあらすじはこうです……。

社会人になって、それぞれ違う道を歩んでいた高校駅伝部の仲間たち(SMAPの5人)は、久しぶりの再会を果たすことに。スポーツメーカーでマラソンランナーをしている、駅伝部の元キャプテン・成瀬(中居)、親のコネで入った医大へ通う木下(稲垣)、強い学歴コンプレックスを持つ四流大学の学生・悟(香取)、恋人との結婚を相手の両親に反対されている信用金庫勤務の悦郎(草なぎ)、あやしいスカウトの仕事をしつつ、ヒモ同然の怠惰な生活を送る力(木村)。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月25日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。