90s

渡部篤郎の出世作も……20年前に相次いで放送された「ストーカードラマ」

1997年1月、ストーカーをめぐるドラマが相次いで放送された。『ストーカー逃げきれぬ愛』(日本テレビ系)と、『ストーカー・誘う女』(TBS系)である。

日本社会においてストーカーという言葉が認知されたのは1996年ごろである。それまでにも、つきまといなどのストーカー行為は存在したが、男女間の痴情のもつれと片付けられ、重大視されていなかった。
テレビドラマにとっては格好の材料だったのだろう。1997年の1月から3月に早くも2つの“ストーカードラマ”が誕生した。

渡部篤郎の"怪演"が話題に


『ストーカー逃げきれぬ愛』は、男から女へのストーカーを描いた物語である。眼科医の三枝辰也(渡部篤郎)は、クリスマスイブの夜、目の前で患者の女性が自殺してしまう。
病院の前で女性が手にしていたクリスマスローズの花びらを必死に拾い集める三枝。そこに岸本海(高岡早紀)が通りかかり、手にしていたクリスマスローズの花束を三枝に渡してしまったのが悲劇のはじまりだった。

自分に気があると思い込んだ三枝は、海をつけまわすようになる。三枝は普段は眼科医をしている通り、理知的で聡明な人物であるかのように思われている。だが内面は、陰気で思い込みの激しい性格だ。
留守中の海の家に侵入した三枝は、彼女の髪の毛を舐める、お風呂の残り湯につかるなどやりたい放題である。頻繁に見せるにんまりとした不気味な笑顔はトラウマ必至だ。

主演を務めた高岡早紀は、モデルを経て本作が民放テレビドラマとしては本格的な初主演作となる。ストーカー役の渡部篤郎も、このドラマで知名度をあげた。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「渡部篤郎の出世作も……20年前に相次いで放送された「ストーカードラマ」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    登場人物の名前くらい、きちんと書きなさいよ。

    2
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月5日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。