90s

ジャンボ鶴田こそ、90年代最強のプロレスラーだったのではないか?

ジャンボ鶴田こそ、90年代最強のプロレスラーだったのではないか?
画像出典:Amazon.co.jp「ジャンボ鶴田伝説 DVD-BOX

総合格闘技の波が押し寄せる前の90年代、プロレスファンが集まると必ずといっていいほど話題に上がるのが、「最強のプロレスラーは誰か?」だった。
アントニオ猪木、前田日明、高田延彦、アンドレ・ザ・ジャイアント、ブルーザー・ブロディ、カール・ゴッチ……。
往年のプロレスファンにとって、答えのない永遠のテーマである。
しかし、もっとも正解に近い説得力を感じたのがジャンボ鶴田を推す声ではないか。
対戦相手の力量やダメージによって「落とす角度を変える」という、完全無欠のバックドロップ。
大ダメージを受けても、全身をピクピクと痙攣させてわざとらしく悶絶する余裕を見せる(?)無尽蔵のスタミナ。
ブロディは、「鶴田との試合は疲れる。足が地に張り付いたようで持ち上げるのに一苦労だ」と語り、三沢光晴は「鶴田さんはウェイト・トレーニング含め、練習なしで強靭な肉体を維持していた」と語った。
トップレスラーたちの多くが、半ば呆れたように鶴田を「別格」としてとらえていることも、「鶴田最強説」に説得力を与えているだろう。
果たして、その凄さとは?


強いのに物足りない!?「善戦マン」と揶揄された若手時代


ジャンボ鶴田が「最強」の輝きをもっとも感じさせたのは90年前後だろう。
しかし、そこにいたるまではお世辞にもファン受けするレスラーではなかった。
73年の全日本プロレスデビュー早々から世界タイトルに挑戦するなど、ミュンヘンオリンピックのレスリング・グレコローマンスタイル日本代表の下地を活かし、エリート街道を進んできたジャンボ鶴田。しかし、若手時代は詰めが甘いファイトが目立ち、「善戦マン」という異名を取るほどにくすぶっていた。

83年に「鉄人」ルー・テーズから必殺技のバックドロップを伝授されてからは、日本人初のAWA世界ヘビー級王座に輝くなど、輝かしい実績を重ねるのだが、ファンの心にはなかなか響かない。
他のトップレスラーのようなギラギラした闘志やイデオロギーの主張は皆無。どこか余裕を感じるために間延びする試合運びも含めて、とにかく感情移入しにくかったのだ。
転機となったのは87年。タッグパートナーだった天龍源一郎が、全日本プロレス活性化のため、もっといえば、煮え切らない鶴田の闘志に火を点けるために、連日激しいファイトで攻め立てた。これに鶴田も激しく応戦し、2人の闘いは天井知らずでヒートアップしていく。
この、いわゆる「天龍革命」により、鶴田がその圧倒的なポテンシャルを存分に発揮し始めたのである。


目覚めたジャンボ鶴田の強さはまさに「怪物」級!


目覚めた鶴田の勢いは凄まじかった。
88年の世界タッグ戦では、バックドロップ3連発で天龍を失神KO。89年に初代三冠ヘビー級王座に就くと、天龍を迎えた初防衛戦で今度は天龍のお株を奪うパワーボムを超高角度で決め、再び失神KOさせてしまうのだから恐ろしい。
このころから、かつては首筋辺りを狙って太ももを当てる繋ぎ技だったジャンピング・ニーパットも、顔面やアゴに鋭角に当てる殺人技にシフト。
試合に対する熱量がグンとアップし、それにともない、その他の技の切れ味や破壊力も増した鶴田。若手、ベテラン問わず、そのとばっちり的に故障者が続出してしまうのだから、まさに「怪物」の異名にふさわしい暴れっぷりだった。

あわせて読みたい

  • 元横綱・輪島伝説 プロレス&バラエティ番組でも大活躍!

    元横綱・輪島伝説 プロレス&バラエティ番組でも大活躍!

  • 北斗晶が大激怒!プロレス史上最低のタイトルマッチとは?

    北斗晶が大激怒!プロレス史上最低のタイトルマッチとは?

  • アンドレ・ザ・ジャイアント「人間山脈」と呼ばれた男の伝説 日本酒は2升飲んだ!?

    アンドレ・ザ・ジャイアント「人間山脈」と呼ばれた男の伝説 日本酒は2升飲んだ!?

  • 新日本プロレス暗黒期……ドン底の象徴となった「アルティメット・ロワイヤル」とは?

    新日本プロレス暗黒期……ドン底の象徴となった「アルティメット・ロワイヤル」とは?

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2018年11月20日の90s チョベリー記事
    「ジャンボ鶴田こそ、90年代最強のプロレスラーだったのではないか?」の みんなの反応 3
    • 匿名さん 通報

      無尽のスタミナ。長州戦では試合後、長州はシャワー室でへたれ込んでいたそうだが、鶴田はピンピンして飲みに出かけたという逸話。彼だけでなく、天才気質の人って、早逝しやすいのか。

      4
    • 匿名さん 通報

      >1:35 ワイは、「控室に行ったら、試合直後なのにスクワットしてて、この人は化け物だと思い知った」て長州さんが話していたのを見た。

      2
    • 匿名さん 通報

      アマレス出身なのにグラウンドの攻防がまったく出来なかった人っていう印象しかないかな。それと自分が思う説得力みたいなのが欠けてたから、よく「最強は鶴田」とは言われるけど、ピンとこない

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース