90s

山崎武司「10年目に本塁打王!遅咲きのフィジカルモンスター」【プロ野球世紀末ブルース】

山崎武司「10年目に本塁打王!遅咲きのフィジカルモンスター」【プロ野球世紀末ブルース】
ナゴヤドーム
ついに第72代横綱・稀勢の里が誕生した。大相撲初場所で大関昇進31場所目の初優勝を飾り、19年ぶりの日本出身横綱へ。19歳の若さで三役昇進のスピード出世もその後は足踏みが続き、ようやく30歳での悲願達成だ。
プロ野球界でも30歳近くになってからレギュラー定着し、その後40歳を過ぎても第一線で活躍する遅咲きの男が稀にいる。今回の主役、山崎武司もそんな選手の1人である。

相撲も強かった山崎武司


68年に愛知で生まれた山崎少年は、その恵まれた体格とスポーツ万能の「フィジカルモンスター」として地元でも有名だった。

中学時代に陸上部の助っ人を頼まれたボール投げでは90メートル以上を投げ、見事に県大会優勝。なんと全国大会でも準優勝に輝く強肩ぶり。
さらに格闘技でもその才能は図抜けており、柔道で市大会優勝。中学相撲部の助っ人として、たった1週間の練習で愛知県大会3位に輝き全国大会出場。複数の相撲部屋からスカウトされるほどの逸材として名を馳せた。

のちに、巨人の巨漢助っ人投手ガルベスの頭部付近の投球にブチギレて大乱闘を巻き起こしたが、その根本には「球界最強」とも称される圧倒的な格闘センスがあったわけだ。もしも68年生まれの山崎がプロレスラーや総合格闘技の道に進んでいたら、1つ年下の桜庭和志の良きライバルとなっていたかもしれない。

中日入団後は長い低迷期間も…


そんな怪物少年が最終的に選んだのは野球の道だ。あの工藤公康やイチローの母校として知られる地元の名門・愛工大名電に進むと、甲子園出場こそなかったが高校通算56本塁打を放ち、86年ドラフト2位で中日入り。のちに山崎は事前にファンだった巨人から「阿波野秀幸の外れ1位で指名します」と挨拶があったものの、指名はなかったと当時の様子を振り返っている。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月25日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。