90s

必殺料理人・松方弘樹、90年代の隠れた名作『流れ板七人』を振り返る【キネマ懺悔】

必殺料理人・松方弘樹、90年代の隠れた名作『流れ板七人』を振り返る【キネマ懺悔】
※写真はイメージです
『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の楽しそうなおじさん。

恐らく70年代以降に生まれた人にとって、故・松方弘樹の印象と言えば、いつもマグロを釣っている色黒のオヤジ、もしくは子どもの頃にテレビで見ていた「グラサン姿でビートたけしの横で笑っていた角刈りのおじさん」ではないだろうか。

全員反対したビートたけしとの共演


昭和の任侠映画の大スターで、バラエティ番組に有名俳優が出るような前例もない時代、周囲はたけしとの共演に全員反対したという裏話を知るのはずっと後のことだ。

1985年4月14日の第1回放送では、サングラスにスーツ姿で「部長」という肩書きで登場すると、松方は社長たけしの隣に座る。思わずたけしのギャグに吹き出すと、「今、笑いましたでしょ。2回笑っただけで150万円持ってく」と突っ込まれ、ハンカチで涙を拭いながら笑う松方。すると「これもギャラ入ってますからね。ハンカチ出すと30万円」と強面のイメージが強い大スター松方をたけしがイジリ倒す、緊張感を笑いに変える絶妙な掛け合いで伝説の番組はスタートした。

90年代の隠れた名作『流れ板七人』


松方弘樹と言えば、『仁義なき戦い』シリーズや70年代の東映ヤクザ映画ブームの立役者。それが90年代に入り平成に突入すると、ヤクザ映画も激減し、テレビドラマでの刑事役や時代劇での活動が多くなる。

いわば90年代は、役者・松方弘樹にとって決して恵まれていた時代ではなかったわけだ。そんな最中に制作されたのが、97年1月公開の『流れ板七人』である。原作は人気漫画『流れ板竜二』。花板の死と経営難で京都の有名料亭『ほこ多』に買収されかかっていた、東京の老舗料亭『閑日楼』の暖簾を取り戻すために立ち上がる七人の板前たちを描く本作。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月27日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。