smadan

「ガンダム」アムロ対シャア“現実にいたら”モテるのどっち?【ラブホの上野さんの空想恋愛読本】

Twitterフォロワー20万人超のラブホスタッフ上野さんによる「空想恋愛読本」。本連載では、マンガ・ドラマ・アニメ等の登場人物が現実にいたらモテるのか分析。そこから女性にモテるためのアドバイスを導き出します。

1979年に第1作『機動戦士ガンダム』が放映され、未だに根強い人気を誇る「ガンダム」シリーズ。

今回はそんなガンダム作品のなかから、宿命のライバル同士「アムロ・レイ」と「シャア・アズナブル」の2人がもし現実にいたらどちらの方がモテるか、ということを考えてみたいと思います。
なおシリーズが非常に長く、派生作品も多いため、原則としていわゆる“正史”であるTVアニメ『機動戦士ガンダム』『機動戦士Zガンダム』と、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の内容で判断させて頂きます。


ジオンの英雄、赤い彗星「シャア・アズナブル」



パイロット、政治家、軍人のいずれの点から見ても非常に高い能力であるシャアですが、彼のことを考えるうえで外せない要素として「とんでもないトラブルメーカー」ということは外せません。

『機動戦士ガンダム』で描かれている一年戦争を起こしたのはザビ家であるものの、シャアのザビ家に対する復讐心から起こした行動が戦局に影響を及ぼすこともありました。

ザビ家の人間を2人も殺すわ、一年戦争終了後は死んだかと思えば7年後にまた違う偽名でガンダムを奪うわ、議会は占拠するわ、しまいには地球に隕石は落とすわと次々にトラブルを起こし続けます。恐らく良い意味でも悪い意味でも、シャアのような人間は死ぬまで「止まることがない」タイプの人間なのでしょう。

もちろん、これらのトラブルを起こす理由の根本には「幼い頃に芽生えた復讐心」というものがあるため、シャアが現実世界に生まれ、普通の家庭に育っていればここまで多くの人間を殺すこともなかったでしょう。ですが、それならば彼のこれほどまでのエネルギーはどこに向かうのか。

恐らくは仕事に向かうことでしょう。若くして起業をし、古い価値観に囚われた地球人たちを、力で圧倒していく、そんなベンチャー企業の社長のような姿が想像されます。


連邦の白い悪魔「アムロ・レイ」



ガンダムの開発に関わっていたテム・レイの息子にして、地球連邦軍のエースパイロットであるアムロ・レイ。
基本的には「技術者」よりの人間であった彼ですが、モビルスーツと出会ってしまったばっかりに、あれよあれよという間にエースパイロットになってしまった彼ですが、彼は「シャアと比較すると」比較的穏健でトラブルを起こさない傾向に御座います。あくまでも「シャアと比較すれば」で御座いますが。

また、シャアと比較すると明確に「信念」が薄いのも特徴で、彼は生き残りたい、負けたくないという理由で戦っているのです。

これは悪いことではありません。むしろシャアのように「何かしらの信念」に囚われている人間の方がずっと異常で、素直に「死にたくない」と思って戦っているアムロの方がまともでしょう。
ですので、もしアムロが現実にいた場合はシャアと違い、よほどのことがない限り「平穏な技術者」で生涯を終えた可能性が高いことと思います。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る

ラブホの上野さんの空想恋愛読本

ラブホの上野さんの空想恋愛読本

「ラブホの上野さん」がマンガ・アニメの登場人物が現実にいたらモテるのか分析。

お買いものリンク