smadan

「シュタインズ・ゲート」岡部倫太郎は現実という世界線ではモテるのか【ラブホの上野さんの空想恋愛読本】

Twitterフォロワー20万人超のラブホスタッフ上野さんによる「空想恋愛読本」。本連載では、マンガ・ドラマ・アニメ等の登場人物が現実にいたらモテるのか分析。そこから女性にモテるためのアドバイスを導き出します。
「シュタインズ・ゲート」岡部倫太郎は現実という世界線ではモテるのか【ラブホの上野さんの空想恋愛読本】
画像出典:Amazon.co.jp「STEINS;GATE

俺だ。

今回は「未来ガジェット研究所」の所長である「奴」の正体を調べたいと思う。

ふん、本当に因果なことだよ、まさかこうして俺がまたやつと相見えることになるとはな……。

ということで、今回はゲーム「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」から主人公のオカリンこと「岡部倫太郎」が現実にいたらという空想恋愛で、彼のモテ度を考察してみたいと思います。

それではみなさま、

エル・プサイ・コングルゥ


岡部倫太郎といえば中二病



おそらく、ゲームにしてもアニメにしても、最初にオカリンを見た感想の多くは、

「何この中二病、うぜえ」

だったのではないでしょうか?

牧瀬紅莉栖が真剣にしゃべっているのにも関わらず、中二病で対応するシーンなどはその典型で、作中で紅莉栖が「ふざけないで」と怒っていることからも分かるように、現実でもいちいちあの様な態度を取られていたら、多くの方は呆れるか怒るか諦めるか、のいずれかの対応をすることでしょう。

諸事情により話が噛み合ってしまうことの多い阿万音鈴羽、同じく中二病全開のフェイリス、相手の言っていることを何でも信じる系の漆原るか(ルカ子)が異常なだけで、現実にもしオカリンがいたらMr.ブラウンこと天王寺裕吾のように「あ、何言ってんだおめえ!?」という対応になるというもの。

とは言え、ゲームやアニメで「シュタインズ・ゲート」を一通りご覧になった方は、一体何故オカリンがこんな喋り方をしているのか、ということもお分かりのはず。その理由を知ればきっとオカリンのこのような「ウザさ」も、それどころかオカリンの「うざいところ」が好きになることでしょう。椎名まゆりが「オカリンはいい加減その喋り方をやめるべきなのです~」と言わないのもこのせいですから。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ラブホの上野さんの空想恋愛読本

ラブホの上野さんの空想恋愛読本

「ラブホの上野さん」がマンガ・アニメの登場人物が現実にいたらモテるのか分析。

2017年2月14日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。