smadan

『ひぐらしのなく頃に』前原圭一の説得が人を動かす理由【ラブホの上野さんの空想恋愛読本】

       
Twitterフォロワー20万人超のラブホスタッフ上野さんによる「空想恋愛読本」。本連載では、マンガ・ドラマ・アニメ等の登場人物が現実にいたらモテるのか分析。そこから女性にモテるためのアドバイスを導き出します。

今回、現実でのモテ度を考えるのは『ひぐらしのなく頃に』の主人公である「前原圭一」で御座います。
彼のニックネームが「口先の魔術師」であることからも判るように、様々なことを「口先」で解決していく彼は、現実にいたら果たしてモテるのでしょうか?


お願いをする時に重要な「カチッサー効果」


「ところで皆様、話が変わって申し訳ないのですが、このコラムを是非Twitterで共有しては頂けないでしょうか?」

と、お願いをするのと

「ところで皆様、話が変わって申し訳ないのですが、このコラムのTwitterでのリツイート数が1000を超えないと打ち切りになってしまうので、Twitterで共有して頂けないでしょうか」

とお願いするのでは、一般的には2つ目の方がご協力頂けることが多いでしょう。

もちろん「お、共有しなければ潰せるのか!」とリツイートを控える方もいらっしゃいますが、大変有り難いことに多くの方は「そういう理由なら仕方がないか」とご協力して下さるのです。
ここまでは何方でも日頃から感じていることでしょうが、今回の話ではもう一つ、お願いの仕方を考えてみましょう。

「ところで皆様、話が変わって申し訳ないのですが、このコラムをTwitterで共有しなければならないので、Twitterで共有して頂けないでしょうか」

この頼み方ですが、重要なのは「このコラムをTwitterで共有しなければならないので」の部分。
特に今回は“コラム”という“文字”の状況ですので、より如実にご理解頂けると思うのですが、はっきり言ってこのお願いは意味がわかりません。

「いや、その共有しなければいけない理由が大事なんだけど……」というのが極めて真っ当な感想かと思います。

しかし、現実にこのように「理由なし」「真っ当な理由」「意味がわからない理由」の3つのパターンで人にお願いした時、「真っ当な理由」と「意味がわからない理由」では、お願いを聞いてもらえる確率はほとんど変わりません。

これが冒頭の「カチッサー効果」と呼ばれるものであり、簡単に言えば「理由があるかないかが重要であり、理由そのものはそんなに重要じゃない」ということ。
この「カチッサー効果」には「小さなお願いの場合にこそ効果は大きく、大きなお願いになればなるほど効果は薄まる」という特徴もあるのですが、それでも理由がないよりはあった方がいいということがご理解頂けるのではないでしょうか?

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

ラブホの上野さんの空想恋愛読本

ラブホの上野さんの空想恋愛読本

「ラブホの上野さん」がマンガ・アニメの登場人物が現実にいたらモテるのか分析。

2017年3月6日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。