『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)から誕生した政治家2人といえば、丸山和也氏と橋下徹氏です。片や参議院議員、片や大阪府知事並びに大阪市長。タレント弁護士として弄られてたところから、あれよあれよという間に政界へ進出してニュース映像に登場したときなどは、世の面白さを体感したものです。

しかし、意外性という意味では、蓮舫氏と東国原英夫氏には敵わないでしょう。それぞれが民進党の代表と宮崎県知事という、華々しい政治家としてのキャリアを歩んだ前は、ビートたけしがMCを務めたバラエティ『スーパージョッキー』の人気コーナー『熱湯コマーシャル』に出演。あられもない姿のまま、無理やり熱湯風呂に入れられていたのですから。

たけしと熱湯風呂に入湯していた蓮舫


「オレと一緒に熱湯風呂に水着着て入ってたのに、何言ってんだ!スーツに襟立てて、スナックのママみたいな格好して」

今から7年ほど前、当時「事業仕分け」で世間を騒がせていた蓮舫氏に対し、たけしがこんなようなことを言っていました。『スーパージョッキー』で共演していた彼にとっては、彼女が“先生”呼ばわりされ、不似合いな服装で国事に臨んでいる姿が、可笑しく映ったのでしょうか。

飯島直子、辺見えみりも歴任! 『熱湯コマーシャル』のアシスタント


『熱湯コマーシャル』で蓮舫氏がたけしと共演していたのは、かれこれ25年以上も前のこと。

そもそも、『熱湯コマーシャル』とは、写真集やCDなどを宣伝する目的で番組にやってきた芸能人が、「熱湯ルーレット」によって入浴者を決め、選ばれた人が熱湯につかっていた時間分(最大30秒)だけ、CMをできるという趣旨の企画。