90s

木村拓哉と名コンビ!? 大ヒット月9ドラマを支えた松たか子

松たか子が出産後初の連続ドラマ主演をつとめる火曜ドラマ『カルテット』(TBS系)が早くも話題だ。
この作品で松の演じる真紀は、一見素朴で上品でちょっと天然っぽい30代の女性だが、夫を殺したのではないかとも疑われており、今後ひとクセもふたクセもある本性をあらわしてきそうなキャラクター。

梨園の娘という育ちも影響してか、基本的に清楚で品のよいイメージの強い松だが、ただのおしとやかではない個性的なキャラクターを抜群の演技力で演じ分け、20年以上の長い芸歴の中でも多くのヒット作に出演している。
フジテレビ系で放送されている夜9時のドラマ、通称「月9」が高い視聴率を誇ってきた黄金時代、「視聴率王」の地位を確立したのは木村拓哉だが、その傍にいつもいたのは松たか子だった。

社会現象にもなった『ロングバケーション』


1996年にフジテレビ系の「月9」枠で放送された木村拓哉×山口智子主演のドラマ『ロングバケーション』、通称「ロンバケ」。
木村拓哉が連続ドラマ初主演をつとめた記念すべき作品で、この「ロンバケ」がきっかけで木村は国民的人気を得ていくことになる。

「月曜日はOLが町から消える」と言われるほど、若い女性を中心に爆発的な人気を誇ったこのドラマ。
日本芸術大学を卒業し、音楽教室講師として成形を立てている主人公・瀬名を木村拓哉が演じ、瀬名と同居生活を送ることになる落ち目のモデル・南を山口智子が演じたのだが、瀬名の大学の後輩・涼子を演じたのが当時10代だった松だった。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク