90s

たまごっちをPHSに内蔵した「たまぴっち」を君は覚えているか?

       
手のひらで世話ができることで一大ブームを巻き起こしたタマゴ型の携帯育成玩具「たまごっち」。エサを与えたり、遊ぶといったコミュニケーションを取りながらキャラクターを育てていくのだが、世話を忘れると不機嫌になったり、死んでしまったりと、1度始めるとなにかと手間がかかるものだった。

そんなたまごっちも、はじめて発売されてからすでに22年が経とうとしているが、小さな子どもに与えるおもちゃとして今もその人気は健在だ。

たまごっちの異常すぎる人気ぶり


1996年に販売が開始されたたまごっちは瞬く間に人気のおもちゃとなった。当時の販売価格は1980円だったと記憶しているが、その入手困難さからか人気カラー(白)などは5万円を超える価格で取引されていたり、エアマックス狩りよろしくたまごっち狩りが発生するなど、社会問題にまで発展した。

たまごっち+PHS=たまぴっち


たまごっちをPHSに内蔵した「たまぴっち」を君は覚えているか?
ヤフオクより(チラシ)

たまごっちはその価格の安さもあり、人気が出ると一気に品薄になってしまう。そんな中、1997年にとある試みが実現した。当時、携帯電話と人気を二分していた移動電話のPHSにたまごっちを内蔵した「たまぴっち」という商品が開発されたのだ。

その価格、なんと4万5000円。一見するとただのPHSなので、持ち歩いていてもたまごっち狩りにあうことは皆無! 非常に安全快適にたまごっちライフを送ることのできる究極の一品なのである。

「たまぴっち」は、同機種間で育てたたまごっちを“おでかけ”させることができ、一緒にご飯を食べたり遊んだり、病気になったら介抱したりと、通信端末ならではの機能が非常に魅力だった。当時筆者は中学生だったが、たまごっち目当てで親に必死に「たまぴっち」をおねだりした記憶がある。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年10月18日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。