review

草なぎ剛「嘘の戦争」4話。ジュディ・オングを差し置いての伏線重視回に緊張、気が抜けない

『嘘の戦争』(フジテレビ系、関西テレビ制作)第4話。ホームページの相関図にはなぜか載っていないが、五十嵐(甲本雅裕)はどう見ても主要人物だと思う。
草なぎ剛「嘘の戦争」4話。ジュディ・オングを差し置いての伏線重視回に緊張、気が抜けない

あらすじ


今回のターゲットは2人。30年前にOLを死なせた当時大学生のバカ息子・四条司(森岡豊)と、それを揉み消させた代議士の四条綾子(ジュディ・オング)、司の母だ。

一ノ瀬は、占い師に成りすましたハルカ(水原希子)を綾子の元へと送り込んだ。そして、税務調査員に扮した百田(マギー)、裏方の八尋(菊池風磨)と連携して見事に裏金の5億を金庫から盗み出し、さらにはバカ息子の司が出資法違反で逮捕され、めでたしめでたし。

今話で張られた大量の伏線


前回の三輪刑事(六平直政)への復讐と比べて、少し淡白な印象だった。それは、いつも一ノ瀬を嗅ぎまわっている隆(藤木直人)との接触と、綾子と司が怪しむシーンが一度も無かった事が理由だろう。つまり、嘘がバレそうになるドキドキ感みたいなものが全く無く、復讐が上手くいき過ぎたのだ。

その代わり、物語の本筋に影響のある出来事は大量に起きている。どちらかというこの第4話は、伏線重視回と言えるだろう。ただ、せっかくのジュディ・オングが当て馬のような扱いを受けているのは、少し寂しい。

五十嵐、発狂して千葉陽一と発する

五十嵐が入院している精神病院らしき所に、お見舞いと称して隆が一ノ瀬の事を探りに来る。しかし、五十嵐は発狂してしまい話にならない。仕方なく隆が帰ろうとすると五十嵐の口から「千葉陽一(一ノ瀬の本名)」とポツリ。全てを知る五十嵐が正気を取り戻したら、隆はここに来るだけで真相を知ることが出来るようになった。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2017年2月7日のレビュー記事
「草なぎ剛「嘘の戦争」4話。ジュディ・オングを差し置いての伏線重視回に緊張、気が抜けない」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    六車は渡部さんだといいな~\(^-^)/

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「山本美月」のニュース

次に読みたい関連記事「山本美月」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

嘘の戦争

嘘の戦争

ドラマ「嘘の戦争」レビュー記事一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース