90s

将棋番組の解説中に棋士が生告白!? 「将棋名人戦」で起こったハプニングとは

恋愛における告白の瞬間というのは、独特の緊張感が漂うもの。そこに、予定調和など一切ありません。あるのは、リアルな人間ドラマのみ。その生々しくも初々しい本音のやり取りには、人の心を惹きつけてやまない、強力な磁場のようなものが働いているといえるでしょう。

さて、そんな素人同士の告白シーンを、『あいのり』や『テラスハウス』のようないわゆる「恋愛バラエティ」で、私たち幾度となく目撃してきました。しかしおそらく、将棋の解説番組で生告白したのは、この一件が、空前にして絶後ではないでしょうか。

第64期名人戦の解説番組で事件は起きる


事件が起きたのは、2006年に放送された第64期名人戦の解説番組において。名人戦とは、80年の歴史をもつ将棋界の頂点を決める7番勝負のこと。棋士にとって、もっとも栄誉あるタイトルの一つであり、その第1局目で解説・聞き手を務めたのが、今回紹介する事案の当事者、山崎隆之八段(現在)と女流棋士の矢内理絵子です。

2人のプロフィールを簡単に紹介しましょう。山崎八段は、1981年生まれの現在36歳。17歳でプロデビューして以降、2000年に新人王戦で優勝(10代では史上3人目)、2002年から2003年にかけては、歴代3位となる22連勝を記録、2004年にNHK杯優勝……といったように、早くから華々しい実績を重ねる、若手のホープ的存在でした。

聞き手役の矢内理絵子女流は、山崎八段よりも1つ上の現在37歳。最優秀女流棋士賞を2回(2005年度、2006年度)獲得するなど、こちらも、若手時代から将来を嘱望された棋士の一人。加えて、控えめな中にもたおやかな美を湛えたその容姿から、男性ファンも数多く存在するアイドル棋士でもありました。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク