bit

東日本大震災をきっかけに消えたカウントダウンが再点灯した理由

       
東日本大震災をきっかけに消えたカウントダウンが再点灯した理由
「カウンター・ヴォイド」が点灯した2017年3月11日夜の風景。どことなく懐かしさも感じさせる。

六本木ヒルズのけやき坂沿いに、高さ5m、全長50mの真っ白なガラスの“壁”があるのをご存知だろうか。「カウンター・ヴォイド」と名づけられたこのコーナーは現代美術家・宮島達男さんの作品で、デジタル数字によるカウントダウンが表示されていた六本木を代表するランドマークの一つ。2011年の東日本大震災をきっかけに消灯されていたが、昨年3月11日に5年ぶりに再点灯。6年目の今年も、3月11日~13日の3日間限定で点灯される。
東日本大震災をきっかけに消えたカウントダウンが再点灯した理由
2011年3月13日から灯りが消えていた、六本木ヒルズの「カウンター・ヴォイド」。

「カウンター・ヴォイド」を2011年に消灯し、昨年2016年に5年ぶりに再点灯したのはなぜなのだろうか。まず「カウンター・ヴォイド」再点灯にあたり発足した「リライト・プロジェクト」を主催する特定非営利活動法人インビジブル林曉甫さんにお話をうかがった。

消灯していることすら知らない人が増えてしまった


 「東日本大震災の犠牲者への鎮魂の意を込めて震災発生2日後の2011年3月13日に消灯された『カウンター・ヴォイド』ですが、震災から5年が経過しその存在自体が忘れ去られ、作品がそこにあることすら知らない若い世代も増えてきました。『なぜ消灯したのか』以前に『消灯している』ことすら知らない人が増えてしまった現状に対して、再点灯することで消えていた意味をもう一度問い直し、『カウンター・ヴォイド』が一人一人の心に問いと気付きを生み出す装置として生まれ変わることを目指しました」

3.11を思い出し、未来をどう生きていくか考える機会になる


昨年2016年の再点灯時にはさまざまなワークショップなどが催され、その様子がSNSなどでも話題になった。

 「作品自体は知っていたという方も、再点灯を見て初めて消えていたことを知ったという方が多くいましたね。また『カウンター・ヴォイド』前でワークショップなどを行っていたことから、『毎年3月11日という日が東日本大震災の当時を思い出すだけの日ではなく、未来をどう生きていくか考える機会になることはいいことだね』とおっしゃってくださる方もいました。今年は『Relight Days 2017』と題して3月11日~13日の3日間、『カウンター・ヴォイド』前で『3.11が■ている。』ワークショップを行います。これは鑑賞していただいた方に『3.11が■ている。』と書かれたシートの■の部分に思い浮かべた言葉を書いていただき、SNSに投稿してもらうというものです」
東日本大震災をきっかけに消えたカウントダウンが再点灯した理由
今年も3月13日まで、■部分に自由に思いを書き込む『3.11が■ている。』ワークショップが実施される。

そして今年3月11日の14時46分、6年前の震災発生時刻に再び点灯された『カウンター・ヴォイド』。点灯時には作者の宮島達男さんも立ち会った。
東日本大震災をきっかけに消えたカウントダウンが再点灯した理由
3月11日14時46分の点灯直後の「カウンター・ヴォイド」前。「よく前を通るけど、アート作品だったのを初めて知りました」と驚く人も。

宮島さんが2017年の今感じている、被災地や被災者への思いとは?
東日本大震災をきっかけに消えたカウントダウンが再点灯した理由
LEDでできたデジタル・カウンターを用いた作品で世界的に知られる宮島達男さん。現在、オーストラリアのシドニーでも大規模な個展を開催中だ。

宮島 「時間が経ってどんどん記憶が薄れていくのは仕方がないことなのかもしれない。けれどあの当時、自分たちが3.11の大震災を受けてどういう気持ちだったのかをもう一度思い出してほしいと思うんですよね。というのも、僕自身が3.11にものすごくショックを受けて、その後の作品制作のやり方そのものや考え方もかなり変わったんです。たぶんみんながいろんな意味で心を揺らされたできごとだったと思いますし、当時みんながいろんなことを自分なりに考えていたと思うんですが、それが全部なかったことのようになってしまっているのがちょっと残念だなと思うんです。だからこの再点灯をきっかけに、もう一度あの当時の自分が考えていたことを思い出してもらえたら」
東日本大震災をきっかけに消えたカウントダウンが再点灯した理由
宮島さんは宮城県石巻市の太平洋を望む30メートル×50メートルの巨大プールに、3000個のLEDガジェットが点滅する作品『時の海ー東北』の制作を構想中。10年程度をかけてじっくり取り組んでいく予定だ。


文化や芸術の力で被災者の心のケアを


宮島さんは国内外での個展などを開催する傍ら、宮城県石巻市に『時の海-東北』という大型作品を制作するためのクラウドファンディングなども行っている。

宮島 「あれから6年経って、被災地でもある程度のインフラ整備はできてきていると思うんです。福島の帰還困難区域もだいぶ縮小されてきましたし、まだまだな部分ももちろんあるとは思いますが……。だけどここからは、被災地の方々が生きていく上でのソフト的な部分である心のケアが大事になってくる。そこがおそらく、文化や芸術の力が担える部分なのかなと思っています。心に重荷や傷を抱えた方たちに寄り添っていけるような何か、支えていけるような何かが必要なんだろうと感じていますね。そういう意味で東北で作品を作ることで被災地の方たちと関わりをつなげていきたいですし、被災地以外の方たちにも関わりを持ってもらうための仕組みとしてクラウド・ファンドを活用したいと考えているんです」

宮島さんのデジタル・カウンター作品は9から1までをカウントし、0は表示されずに暗闇となり、また9に戻る仕組みになっている。カウントしている時間は「生」を、暗闇になる時間は「死」を表現しているのだが、「死」は命の終わりではなく、次なる「生」の準備期間という意味を込めているのだそうだ。「カウンター・ヴォイド」とはテーマが異なるが、宮島さんの新作シリーズが観られる個展『LIFE (complex system)』も、4月22日まで谷中のSCAI THE BATHHOUSEで開催されているので、気になった方は合わせて足を運んでみてほしい。
東日本大震災をきっかけに消えたカウントダウンが再点灯した理由
宮島さんの個展『LIFE (complex system)』では、ステンレス製ケースにデジタル・カウンターとそれを結ぶ電子回路を配した新作シリーズなどが観られる。

※宮島達男
LIFE (complex system) - no.7
2016, 127.4 x 175.4 × 13 cm
L.E.D., IC, microcomputer by Ikegami program, electric wire, passive sensor, plexiglass, aluminum honeycomb panel, stainless steel frame.
LED type Time G-PG 58 pieces / Up count
Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE

2011年3月11日から6年経ち、世間は平穏を取り戻したようにも見える。しかし被災地の復興が終わっていないのはもちろんのこと、それに絡むさまざまな問題には未解決のものも多い。「カウンター・ヴォイド」を観ながらいま一度、まだ終わらない震災について考えてみて欲しい。
(古知屋ジュン)

●Relight Days 2017 
会場:六本木ヒルズけやき坂「カウンター・ヴォイド」前
開催期間:2017年3月11日〜3月13日

●宮島達男個展 LIFE (complex system)
会場:SCAI THE BATHHOUSE(東京都台東区谷中6-1-23 柏湯跡)
開催期間:2017 年3 月3 日 ~ 4 月22 日(※日・月・祝は休廊)
時間:12:00 - 18:00
料金:無料

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月12日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。