90s

「いじめを助長する」と抗議殺到! 再放送不可能なドラマ『ライフ』を振り返る

       
いつの時代も愛される“悲劇のヒロイン”を描いたドラマ。可憐な少女が理不尽な悪意に晒されて、くじけそうになりながらも、苦難を乗り越え成長する……。そんな作品が今まで、どれほどつくられてきたでしょうか?

安達祐実の『家なき子』(1994年・日本テレビ系)、 菅野美穂の『イグアナの娘』(1996年・TBS系)、深田恭子の『鬼の棲家』(1999年・フジテレビ系)、 榮倉奈々の『泣かないと決めた日』(2010年・フジテレビ系)等々……。

現実世界では、おそらくカーストの最上位に君臨するであろう容姿端麗な若手女優たちが、辛酸を舐める展開は、視聴者にとりわけ大きなカタルシスを感じさせます。そのため一定の支持を集め、定期的につくられているのでしょうか。

今回紹介する、2007年に放送されたフジテレビ系ドラマ『ライフ~壮絶なイジメと闘う少女の物語~』は、まさしく上記のような“悲劇のヒロイン”フォーマットを下敷きに書かれたドラマの典型。
主演は北乃きい。日本テレビ系『ZIP!』の総合司会を卒業して、早1年。今ではすっかりテレビで見かけなくなりましたが、かつて彼女は、将来を嘱望された女優の一人でした。

注目の若手女優だった北乃きい


ティーン向けファッション雑誌の専属モデルとして活動後、人気アイドルの登竜門『ミスマガジングランプリ』を最年少で受賞。同年放送の『恋する日曜日』(BS-i)ではドラマ初主演を飾り、2007年には、映画『幸福な食卓』の主人公役に抜擢……。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「いじめを助長する」と抗議殺到! 再放送不可能なドラマ『ライフ』を振り返る」の みんなの反応 18
  • 創価、日蓮の世で 通報

    イジメ助長すると言う奴等にかぎって、自分と価値観合わないのがいると歪んだ正義感で他人を貶めて、なんとも思わないからね。自分が正しいと言う自己主張が強い人間には要注意だ。

    32
  • 匿名さん 通報

    バカみたい。放送されないから、今はイジメがなくなったということですか?

    19
  • 匿名さん 通報

    奇しくも同じフジテレビだが、とんねるずはもう既に30年以上も前からあのスタイルでやってるんですけどね??助長してねえの?あれって。

    18
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月25日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。