90s

森進一と作詞家がバトル! 『おふくろさん騒動』を振り返る

       
単なる歌手と作詞家の争い……。『おふくろさん騒動』は当初、そんなよくある芸能ニュースの一つに過ぎませんでした。
しかし、作詞家・川内康範がなにやら相当怒っていることなどを、メディアが面白がって報じているうちに、騒ぎが次第に大きくなっていきました。

『おふくろさん』オリジナル版にはない台詞が……


発端となったのは、2006年12月31日に放送された紅白歌合戦でのこと。
森進一は例のごとく、自身の代表曲『おふくろさん』を熱唱。彼にとっては、いつも通り歌ったに過ぎなかったはず。しかし、同曲を作詞した川内康範にとっては、“いつものおふくろさん”ではありませんでした。

なぜなら、自分の書いたオリジナルにはない台詞が、知らぬ間に付け足されていたからです。それはイントロ前に入る「いつも心配かけてばかり いけない息子の僕でした 今はできないことだけど 叱ってほしいよ もう一度…」という短い一文。

すぐさま川内は事情説明を要求し、森もそれを承諾。2007年2月17日に話し合いの場を設けることとなったのですが、森は体調不良を理由にドタキャン。この不義理を川内は遺憾に想い、「もう森に『おふくろさん』を歌わせない!」と激怒したのです。

「謝る理由がわからない」と発言した森進一


そんな荒ぶる川内に対して、森は「あの歌は“森進一のおふくろさん”」「謝る理由がわからない」とコメント。
この不敵な態度が、川内のさらなる怒りを買ったのは言うまでもありません。「人間失格だ!」と感情的に森を痛罵し、両者の亀裂は決定的なものとなってしまいます。

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「森進一と作詞家がバトル! 『おふくろさん騒動』を振り返る」の みんなの反応 11
  • 匿名さん 通報

    JASRACって大御所の権利は守るんだね

    7
  • 阿呆 通報

    レベルの低い話。

    5
  • 匿名さん 通報

    まだ他人の痛みを知らない子供のケンカみたい。

    4
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月26日の90s チョベリー記事

キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。